内用液もあるエビリファイ

エビリファイは統合失調症の治療にも使われますが、

その他にも、うつ病の症状にも使われるおくすりです。

うつ病になってしまうと、気分がおちこみがちで、なかなか気分があがらないのがつらいところです。

そのほかにも、何事にもネガティブになってしまって、悲観的な考えしかできなくなってしまいます。

それに、よくあるのが、活字が読めなくなってしまうなど、集中力が低下してしまうというのがつらいところです。

うつ病と診断されるくらいうつ状態がひどいと、おしごともままならなくなてしまうなど、

社会生活をおくるのも困難になってしまうのでつらいですよね。

うつ病にはいろいろな薬物療法がありますが、それらでも改善がみられないときには、

このエビリファイが使われることもあります。

一般的な抗鬱薬には、ドパミン神経伝達の低下を改善するようなはたらきはないですが、

エビリファイだったらそういった薬効もあるので、うつ病の治療でも、より症状の改善が見込めるように処方されることがあります。

エビリファイは、おくすりの形状もさまざまなタイプがあるのが特徴です。

錠剤タイプは一般的ですが、のみこむのが苦手だというひとは、細粒たいぷのエビリファイのおくすりもあります。

さらには、内容液のタイプのエビリファイのおくすりもあります。

内容液タイプだと、吸収が早いと感じるひともいるようですね。

人によっては、エビリファイを飲むと血糖値が上がってしまう人もいるので、注意しましょう。

(東京都 アンさん)