妊娠おめでとう!森三中の大島美幸さん!

ふとしたきっかけで、ご主人の鈴木おさむさんのブログを見るようになり、そこで大島美幸さん妊活というものを初めて知りました。

過去二回の流産を乗り越え、この度無事にご懐妊されたと聞き、真っ先に浮かんだ言葉は「努力は報われる」という事でした。

芸能人、それも人気お笑い芸人という立場から理由を告げずに休業するわけにもいかなかったのでしょうが、ともすればバッシングを受けかねないのに、よく決断されたと思いました。

妊活、結婚してすぐに子供を授かった方には、妊娠するのに何の活動が必要なのか?と思うかも知れませんが、3年間の不妊治療を受けて結婚5年目にしてやっと子供を授かった私には、その気持ちが痛いほどよくわかりました。

鈴木おさむさんのブログを見て、彼女の妊活内容について見ていましたが、まずは体を整える事、食生活を見直す事、夫婦で最大限に協力し合う事など、すごく共感できました。

子宮筋腫を取り、その後はタイミング法、そして人工授精で妊娠されたとの事ですが、私の場合は、同じ経緯を辿った上に、その後、体外授精、顕微授精、というほぼ最終ステップで授かったので、大島さんの場合はかなり順調に妊娠できたと思います。

日本ではここ数年で不妊治療を受けての妊娠数が飛躍的に伸び、そう珍しい事ではなくなったとはいえ、まだ特別な目で見る人はたくさんいると思います。

特に年配の方などは、その昔5つ子ちゃんが生まれた時代に使われていた「試験管ベイビー」という呼び名をまだ使う人もいます。

人工授精でも体外授精でも、妊娠というのは奇跡の積み重ねであり、出産は奇跡の集大成だと思います。

いくら科学が進んでも人の力だけでは妊娠する事は出来ません。

昨今芸能人が不妊治療を公にする事も増えてきましたが、その半数以上は「不妊治療を受けていましたが、まさかの自然妊娠です」という発表をするのも、世間の目を気にしての結果だと思います。

私の場合は同じように不妊治療を受けて子供を授かった友人には知らせていますが、親戚などには告げていません。

息子がいわれなき偏見の目にさらされたくないからです。

大島さんもこれからもっと注目されるでしょうが、深い愛情で結ばれているご主人と協力しながら、無事のご出産を願っています。

(兵庫県神戸市 あんずママさん)