不妊脱出の決め手は「精神的な安定」

若い頃は結婚したらすぐに妊娠するものだと思っていました。
しかし実際はなかなか妊娠しない上に、流産する事もあったりして、無事に出産まで辿り着けるのは難しいとわかりました。
30代に入ってから結婚した場合、年齢の問題から、早めに出産したいという気持ちを持つ人が多いと思います。
それでなかなか妊娠しないと、焦りが生まれてきます。
1年ほどすると、不妊治療を視野に入れる事もあるでしょう。
その時は「一刻も早く!」という思いが強いでしょうが、ここは少し冷静になってください。
不妊治療を始める前の段階が、一番大切なのです。
まずは夫との意思疎通が取れているかを確認しましょう。
検査をするだけの男性と、実際に苦しい治療をする女性との間で温度差が生まれるのはよくある話です。
その温度差が「溝」になってしまわないように、よく話し合う事が大切。
治療にどれくらいの年数、金額をかけられるか。
どのくらいまで高度な医療を進めるか。
治療の間に変更があってもかまわないので、とりあえず始めのスタンスを明確にするべきです。
次に、これが最も重要な事なのですが、「自分に合った医師を探す」ということ。
今はネットなどで簡単に評判を検索できます。
しかし、他人にピッタリだった病院が自分に合うとは限りません。
私は実際、評判の良い病院よりも、近所の何の宣伝もしていないような病院がしっくりきて、そこで妊娠する事が出来ました。
私は何よりも「医師が自分の話をゆっくり聞いてくれる」という事がポイントだったのです。
なかなか妊娠しないと、本当に苦しいですよね。
その気持ちを理解してくれて、治療方針を明確にしてもらえる事で、気持ちが安定しました。
結局治療はホルモンバランスを整える事から始めたのです。
一見遠回りかのように見えましたが、結果自然妊娠する事が出来ました。
やはり女性の精神的な安定が一番大切なのだと痛感したのです。




PCOSに効くらしいグリスリンサプリを通販で安く買う

PCOSにグリスリンというマイタケからできたサプリメントが効くと評判です。

ブログとか見ると、全員が全員、妊娠に成功しているわけではないのですが、

中には妊娠されている方もいるみたいです。

ということで、少しでも、可能性を高くということですが、

お金は少なくといことで安いところを探してみました。

グリスリンはこんなボトルに入っていて、
グリスリンボトル

こんな錠剤のサプリメントです。
グリスリン錠剤

味はちょっとキナコような味がしました。あまり美味しいものでもありませんが、味わって飲むものでないので、、、、

1日あたりの費用にすると、ウィズダム社製のグリスリン(540粒)をまとめて買うほうが安くなるようです。

が、540粒というと、半年分なので、

半分の3ヶ月分の270粒にしてみました。(汗)

それでも11,900円。

>>グリスリンの格安購入先はこちら