メラトニンサプリメントで不眠解消!睡眠薬の効果が感じられない方に

私は、数年前から不眠に悩んでいました。

病院で睡眠薬を処方されましたが、イマイチ効果は感じられず、寝付けない日々が続きました。

眠ろうと布団に入るも、2~3時間は目が冴えてしまう状況で、とても辛かったです。

当然、睡眠時間は少なくなり、翌日の仕事にも影響してしまいました。

この状況を変えるために、何か良い方法がないかとインターネットで何かいい薬はないかと検索してみました。

そこで出会ったのは、「メラトニン」というサプリメントです。

メラトニンは、人間が睡眠に入る際に分泌されるホルモンであるということを知り、私にはそのホルモンが不足しているのではないかと思い、興味を持ちました。

日本では未認可のサプリメントで有る為、個人輸入代行のサイトを使い、比較的安価に入手することが出来ました。

海外からの発送ということで、不安でしたが、注文後約一週間後に無事自宅に届きました。

私が注文したのは、メラトニン3mgで、就寝の1時間ほど前に服用すると効果的だと知り、早速服用してみました。

すると、自然な睡魔がやって来ました。不眠で悩んでいた以前のように、入眠することが出来ました。

睡眠薬は、翌日に眠気が持ち越す事がありましたが、メラトニンは、すっきりとした目覚めでした。

睡眠のリズムが乱れがちな生活を送っている方にも、ピッタリなサプリメントではないでしょうか。

時差ボケなどにも効果があるようで、CAの方も使用されているそうです。

私は、このサプリメントの効果で、快適な睡眠を取り戻すことが出来ました。

(滋賀県 ゆりりんさん)




効果があると評判の睡眠サプリメントメラトニンを通販で購入してみた。

睡眠サプリメントはあまり効果がないな~とお悩みの方に、
睡眠サプリメントいうといろいろありますが、その中でもメラトニンがよく効くと評判ですね。
知っていましたか?
メラトニンボトル

このメラトニンは国内では販売していないので、海外からの個人輸入で購入できます。
一番おすすめは、サプリンクスさん。

アメリカのロサンゼルスからの発送になります。

値段は60カプセルで980円。
メラトニンが3mgも配合されて、60カプセル980円は格安だと思います。

メラトニンはこんな白いカプセルのサプリメントです。
メラトニンカプセル

送料がかかりますが、他のサプリメントとあわせて、10000円以上買うと送料無料にして購入しました。

とにかく、よく効きます。

割と自然に眠れます。

が、効果が無い人という口コミもありますので、

まずは、口コミを見てみるのもいいと思います。

メラトニンの口コミはこちら

>>メラトニンの購入はこちら




毎日の運動で、不眠症を克服。

仕事のストレスから、不眠症に悩むようになりました。

座り仕事の頭脳労働で、人間関係があまり良くない職場で人を使っていることもあって、ますます眠れなくなってきました。

いろいろ調べてみると、セロトニンという物質を脳から出すと、快適な気分になるというので、調べた結果に基づいて、実践してみました。

まず太陽の光に、朝起きたら当たる。通勤時にガムを噛む。そして体をひねる運動、バットの素振りを日課にする。また、運動を心がける。

特に運動を習慣づけてからは、体が疲れていることもあってか、精神の高揚を抑える効果もあるようで、布団に入ってからすぐに寝られるようになりました。

おかげで毎日快適です。おすすめしたいですね。




トリアゾラム(ハルシオン)を処方されました。

毎晩ではないですが、月に何度かとても寝付きが悪く、
ひどいときは朝方まで一睡も出来ない状態のときがありました。

若い頃から元々寝付きは良くなかったのですが、
年をとるにつれて悪くなっている感じです。

寝る前に牛乳を飲んでみたり、
市販のサプリメントも色々試してはみました。

が、なんとなく効いているかなと感じることはあるけれど、
やっぱり気のせいだと思うことがほとんどでした。(^_^;)

テレビを見ていたら不眠がうつ病の引き金になりやすいということを言っていたので、
ちょっと恐くなり心療内科に行ってみました。

カウンセリングの結果、うつ病になる可能性は少ないと言われホッとしました。(^_^)

しかし眠れないのはつらいという話をしたら
トリアゾラムという睡眠導入剤を処方されました。

別名ハルシオンというらしいです。

とりあえず一週間分処方されました。

眠れるときは飲む必要はないけれど眠れないときに飲んでみて様子をみてくださいとのことでした。

また、必ずベッドに入る直前に飲むこと、
飲んだら寝る以外に極力何もしないようにと注意されました。

その日の夜、早速試してみました。

あまり良く憶えていませんが30分くらい経ったころ、
ふっと記憶がなくなったような感じでした。

そして次の朝になっていました。

夢も見た記憶がありません。

次にお医者さんに行ったときその話をしたところ、
最初はそんなものでしょうということでした。

私の場合、眠れないときだけ飲めばいいので耐性もつきにくいだろうということでした。

今では病院には半年に一度くらいの頻度で、
薬(トリアゾラム(ハルシオン))を貰いに行っています。

注)ハルシオンは「薬事法、麻薬及び向精神薬取締法」によってその取り扱いが定められております。
ハルシオンを個人輸入することや海外から通販で購入することは薬事法や麻薬及び向精神薬取締法違反に該当します。




寝付きの悪さと中途覚醒をマイスリーとドラールで解消

私は仕事の忙しさなどからストレスから夜に疲れていても寝付けなかったり、
眠っても途中で何度も起きてしまうなどの睡眠障害に陥っていました。

自分で試せることは大体やりました。

寝る前に牛乳を飲んだり、
朝に太陽を浴びたりなどを続けましたが、
睡眠障害が酷いためにあまり効果はありませんでした(>Д<) そこで私は思い切って、 心療内科を受診して睡眠障害の診察を受けることにしました。 先生が言うには、睡眠導入剤は人によってとても効くものでも、 他の人にはあまり効かなかったりと相性があるので、 少しずつ試していいのもをさがしていきましょうとのことでした (^_^;) 最初に処方して貰ったものは、 比較的軽い睡眠導入剤でした。 寝る前に飲みましたが、 ほとんど効果が分からないくらいでした(>ω<) 先生に薬が効かなかったことを話すと、 「けっこう重度の睡眠障害かもしれない」と言われてしまいました (^_^;) 私はベッドに入ってもなかなか寝付けないことを先生に訴え、 今度はアステラス製薬の「マイスリー」という睡眠導入剤を処方してもらいました。 このマイスリーは超短時間作用型と呼ばれる睡眠導入剤で、 眠くなる効き目は短いのですが、寝入りの悪い人にはよく使われる薬だそうです。 マイスリーを飲んでから、 寝付きは良くなりました♪(´ε` ) しかし、相変わらず途中で目が覚めてしまうのが続くので、短時間作用型と呼ばれる6~10時間程度睡眠作用が続くもの、 中間作用型と呼ばれる20~25時間程度睡眠作用が続くものを一緒に何種類か試しましたが、 どれも私には合わずにやはり途中で目が覚めてしまいます(>Д<) そこで長時間作用型30~80時間程度睡眠作用が持続すると言われる田辺三菱製薬の「ドラール」を処方してもらいました。 「これで効かないと、他の手を考えないと……」と先生も焦っていたようですが、 マイスリーとドラールで久しぶりに朝まで起きずに寝ることができました( ´ ▽ ` )ノ それからはたまに起きることはありますが、 マイスリーとドラールのおかげで以前よりはしっかりと寝れるようになってきて、とても嬉しいです♪"

依存が心配な方におすすめの睡眠導入剤

ストレス社会という言葉はもう一般的に広まっていて、
多くの方がそれをご自身で体感しているのではないでしょうか。

ストレスによって寝つきが悪くなってしまったり、
夜になっても興奮状態から抜け出せない方はかなり増えているようです。

しかし、仕事や生活のためには薬を使ってでも体をコントロールしなければいけない時もあります。

私がおすすめしたい睡眠導入剤は副作用が少ないと言われている「グッドミン」です。

田辺三菱製薬、吉富薬品が製造している白い錠剤で、中枢神経に作用し睡眠に導いてくれます。

バルビツール酸系催眠鎮静剤に比べると、
睡眠に導く効果は弱いのですが、
依存する危険が少ない薬と言われています。

またグッドミンはベンゾジアゼピン系催眠鎮静剤であり、
自然に睡眠に入る効果があり副作用の少ない安全性のある薬として、
一般的に広く使われています。

作用時間が短いの次の日に効果が残りにくいです。

私も実際に服用しています。

以前は他の睡眠導入剤を飲んでいましたが、
次の日の朝起きられずお昼まで眠気やぼーっとする感じが残っていました。

グッドミンに変えてからは朝も目覚まし通りに起きられるようになり、
眠気も感じなくなりました。

私は1年半ほど服用を続けていますが、
排泄されるのが早く長期に服用しても安全性が高いそうです。

どうしても体に合わない方は、
ふらつき、目眩、手足のしびれ、
口喉の渇き、吐き気などの副作用が出てしまいますが、
依存する危険が少ないという点からグッドミンをおすすめします。”

ハーブティやセラトニンで不眠症の早期解決を

現代、多くの人が抱えている「不眠」という悩み。
なかなか治らず、
毎日薬に頼って寝ている人も少なくないようです。
また、ともすると薬を飲んでも効かず、
精神的に参ってしまう人もいます。

不眠症は、放っておけばおくほど、どんどんひどくなりますので、
不眠症かも、と気がついた時点で何らかの手をうつことが、
早期解決に役立ちます。

不眠を解消するために、できることはいろいろありますが、
ここでは不眠に効く食べ物、
逆に深い眠りを妨げる食べ物についてご紹介したいと思います。

誰でも手に入りやすいのは、ハーブティーでしょう。

カモミールティーやラベンダーなどは、
安眠効果があることで知られています。

また、ハーブのアロマオイルなどを枕元で焚くのもおすすめです。

ナッツもいいようです。
セロトニンという物質が分泌されて、眠りを誘います。

そのために、バナナ、柿、サツマイモなどもいいと言われています。

ただし、不眠に効くからといって、食べ過ぎないことです。

食べ過ぎると、胃が動き活動を開始してしまうので、
脳が起きてしまいます。あくまでも、少量にとどめましょう。

また、避けたい食べ物についてです。
もちろんカフェインの含まれたコーヒーやコーラなどは、
夜は控えましょう。チョコレートも興奮作用があります。

また、勘違いしている人も多いようですが、
アルコールの飲みすぎは、かえって良くありません。
アルコールなしでは眠れなくなり、アルコール依存症になってしまうこともあるようです。
アルコールを睡眠薬代わりにするのは、絶対にやめましょう。

毎日の食事を少し見直してみて、不眠症の早期解決を!