ホルモンのバランスが原因の顎ニキビの治療は低用量ピル

私は30代を過ぎたころから生理前になると必ず肌の調子が悪くなるり、
顎や頬にニキビ(吹き出物?)ができて、困っていました。

いろいろ調べると原因はホルモンのバランスが乱れているためのようで、
このホルモンのバランスを整えるため、低用量ピルを使っている人がいるようでした。

そこで、婦人科を受診したところ1年間くらいマーベロンという低用量ピルを勧められました。

低用量ピルは毎日欠かさず飲まないといけないのですが、これによってホルモンのバランスが整ったようで、
生理前のニキビにうそのように解消されました。

ピルをやめると前のように戻ってしまうのではないかと心配したのですが、大丈夫でした。

顎のニキビの原因がホルモンのバランスの乱れだと分かっている方でもピルを服用してもいいという方は一度産婦人科の先生と相談してみるといいと思います。

また、ピルはちょっという方にはイブニングブリムローズというサプリメントがホルモンの乱れを治すのに効くようです。

>>マーベロンの購入はこちら

>>イブニングプリムローズの購入先はこちら




低用量ピルのマーベロンで生理が軽くなりました。

私はステディな彼ができたので避妊目的でピルを飲み始めました。
海外留学をしていたことがあり、その時に周りの友達が普通にピルを飲んでいましたので特にピルを飲むことには抵抗はありませんでした。

私が行っていた国ではピルが無料だったこともありそれで普及していたんだなと思います。

彼氏には悪いですが、コンドームとピルを併用しています。
コンドームは性病予防のため必須ですが、コンドームだけだと避妊が本当にできているのか不安があったのでピルも併用することにしました。

私が処方してもらったのは低用量ピルのマーベロン28です。

ピルは21日間の服用と7日間の休薬期間が必要です。休薬期間の間に生理がきます。

自分でコントロールできる人は21日間ピルを飲んでまた7日あけてから新しいシートを飲みだすでもいいのですが、私はどうしても飲み忘れがでてしまいそうなので休薬期間の間も飲み続ける28日服用タイプを処方してもらいました。

この休薬期間はホルモンがはいっていないプラセボの偽薬を飲みます。
避妊目的だとピルの飲み忘れが24時間以内なら飲み忘れた分を飲むことで継続できますが、24時間以上経過してしまうとまた次の生理を待って新しいシートを始めないといけないのでかなり面倒くさいです。

ピルの飲み始めには妊娠初期に似た吐き気などの副作用があると書いてありましたが、私の場合は特になにもありませんでした。

それよりも毎回ひどい生理痛になやんでいたのですが、ピルで強制的に生理がくるおかげで生理の経血量も減り、生理痛が軽くなったのでとてもうれしかったです。
ピルを飲む前の生理は血の塊みたいなのが混じっていたのですが、ピルを飲んでいる時の生理はさらっとしている感じです。
やっぱり排卵がおこらないからそういう違いがあるのでしょうね。

ピルの値段は1か月1シートで2500円ぐらいします。婦人科では数カ月分まとめて処方してくれますが、
婦人科に検診と処方をしてもらいに行くので毎回1万円ぐらいかかります。

正直、出費は痛いですが、自分自信で望まない妊娠を防ぐためには仕方ない出費だと思っています。

何より生理のわずらわしさが軽減できるのがうれしいです。

最近、知ったのは海外からの個人輸入で格安で買えることです。

1シート1000円以下で買えます。
最初から海外からの個人輸入で買っていたら、何万円節約できたかしら。

>>マーベロンの海外からの個人輸入はこちら




重い生理痛には原因は子宮内膜症かも

私は11歳で生理が始まって以来、重い生理痛に悩まされています。
昼でも夜用のナプキンを1時間起きに変えなくてはならない程経血量が多く
子宮が雑巾絞りされるような鈍い痛みが一日中続くこともあります。
さらには、生理数日前から情緒不安定になり、意味もなく泣いてしまったり
イライラして何も手につかない等の月経前症候群(PMS)もあります。

社会人になってから、重い生理痛で会社を休んでしまったことがあり
これはまずいと思い、意を決して婦人科を受診することにしました(>_<) 内診では、先生に 「子宮が後屈しています。これでは生理は痛いかもしれませんね」 と言われました。 他にも血液検査などをして 先生から「子宮内膜症の可能性がある」と言われました。 確定診断には手術が必要で、手術する程重症ではないが ”重い生理痛で日常生活に支障が出るレベル”であれば 何らかの対症療法が必要との説明を受けました。 当時、日本で保険適用になったばかりの「ルナベル」を処方されました。

経口避妊薬と同じような成分だそうです。
妊娠を望むまでは、排卵を起こさせないことで生理痛を緩和させる効果が
期待できるとのことです。

実際に内服してから3ヶ月後の生理では
以前よりも症状が軽くなった実感がありました!
これまでは1日目から3日目まで鎮痛剤が欠かせなかったのですが
2日目だけで大丈夫になったり、レバー状の経血の塊も少なくなりました。

何より、ルナベルを内服することで、いつ生理が始まるかがわかるようになり
計画を立てやすくなったり、生理がくる心構えができるので
精神的にも落ち着いて生理を迎えることができるようになりました。

そして、先生に
「痛みの感じ方は人それぞれだけど、痛みを我慢する必要はないんですよ」
と言ってもらえたことが、とても安心しました(*^_^*)
重い生理痛で悩んでいる方は、子宮内膜症の可能性がありますし
勇気を出して婦人科受診されることをお勧めしたいです!

>>ルナベルの購入はこちら




子宮内膜症の生理痛に苦しんでいる人に低用量ピルがおすすめ

私は小学6年生の時に生理が始まりました。
激しい生理痛を意識したのは中学1年生の時です。
生理痛で保健室へ行き、寝込みました。
高校生の時も、生理痛で学校を休んだりしました。
大学の時も、テストの時、ちょうど激しい生理痛が来て、テスト会場から退出して帰宅したりもしました。
(そのテストは、もちろん追試試験を受けることになりましたが)

当時、バファリンが良いと聞き、薬局でバファリンを買って飲んでいましたが、
私には、あまり効きませんでした。
軽い生理痛には効くのですが、激しい生理痛には効かないのです。

就職して、自分でお金を自由にできるようになってから、婦人科へ行ってみました。
すると、私は子宮内膜症でした。

まず、月に1回、おなかに注射を打つ治療を半年間しました。
生理痛を軽くする治療みたいです。
その間は、生理が止まるので、ある意味、とっても楽でした。
その半年の治療が終わって再び生理が始まりだしたとき、生理痛は全然軽くなっていませんでした。

なので、それを婦人科のお医者様に言ったら、今度は「生理痛を軽くするためにピルを飲んでみませんか?」と言われました。
なので、ルナベルというピルを飲むことにしました。

これを飲み始めてから、あきらかに生理痛が軽くなりました。

ピルを飲むようになって一番良かったのは、ピルは、生理が始まる日を自分で調節して決めることができる、ということです。
もちろん、多少のズレはありますが。
なので私は土曜日に生理が始まるように調整しています。
平日の仕事時に生理痛で苦しみながら仕事するのが嫌なので。

ピルは「太りやすい」という難点があるのですが、子宮内膜症で生理痛に苦しんでいる人にオススメです。

>>ルナベルの購入はこちら




中用量ピルのノアルテン錠がネット通販で購入できる

ノアルテン錠(シオノギ製薬)は黄体ホルモンとして作用し、黄体ホルモンの不足やホルモンバランスのくずれで起こるいろいろな症状を改善します。
無月経、生理不順、月経困難症、機能性子宮出血、黄体ホルモンの不足による不妊症などの治療や月経周期の変更に使われてます。

この中用量ピルノアルテン画ネット通販で購入できます。
販売先は空詩堂というタイのサイトです。
海外からの個人輸入になりますが、普通の通販サイトと同じ日本語のサイトで、
日本のクレジットカードの支払いや
日本の銀行口座で支払いができます。

>>ノアルテンの販売サイトはこちら




低用量ピルアンジュ21がネット通販で購入できる。

低用量ピルアンジュ21がネット通販で購入できます。

海外製のトリキュラーやマーベロンの販売サイトはたくさんありますが、
日本製のアンジュ21を販売しているところは少ないと思います。

>>低用量ピルアンジュ21の販売サイトはこちら




日本製のトリキュラー28・トリキュラー21がネット通販で買える!

日本製のトリキュラー(低用量ピル)がネット通販で購入できます。
トリキュラーは避妊以外に生理痛の緩和とか生理不順の解消などに使われます。

こちらは日本製のトリキュラーとなります。

海外製のトリキュラーはいろいろなネット通販サイトで購入できると思いますが、
日本製のトリキュラーが購入できるサイトは少ないと思います。

販売しているサイトはファミリーファーマシーグローバルというサイトです。

ファミリーファーマシーグローバル

値段は
トリキュラー28が2810円
トリキュラー21が2810円
です。

両方とも、送料込の値段で、消費税は海外なのでありません。

支払いはクレジットカードや日本の銀行振り込みで支払うことができます。
注文から到着までは5日から10日ぐらいかかります。
急ぎの場合はEMSで発送してもらうことができます。
(別途、EMS手数料が必要です。)

もし、日本製のトリキュラーがほしくて、病院に行く時間がない方などにおすすめです。

>>日本製のトリキュラー28の購入はこちら

>>日本製のトリキュラー21の購入はこちら




保険が効かない低用量ピルの値段を安くする方法

低用量ピルは避妊などの目的で服用するときは、保険が効かないようです。
保険が効けば、3割負担で買えるのですが、、、

避妊以外の目的でも、生理不順とか、生理痛とかでも、保険が効かないことが多いようです。

また、保険が効くのはルナベルとかある特定の低用量ピルだけみたいです。

低用量ピルは毎月使用するので、年間にすると結構な負担になります。

1シート3000円でも、年間にすると3万6千円になります。

結構、つらい負担ですね。

これを安くするには海外からの個人輸入で購入するのがいいみたいです。

例えば、

トリキュラーなら

12シートで4654円(送料無料)で購入することができます。

マーベロンなら

12シートで5536円(送料無料)で購入することができます。

だから
保険の効かない低用量ピルを購入するなら、
海外からの個人輸入がおすすめです。

>>低用量ピルトリキュラーの購入はこちら

>>低用量ピルマーベロンの購入はこちら




低用量ピルアンジュがネット通販で買える

低用量ピルのアンジュ21、アンジュ28がネット通販で買えます。

値段はアンジュ21、アンジュ28とも
1シートで2980円、
3シートで8800円になります。

>>低用量ピルアンジュの購入先はこちら

低用量ピルのアンジュはバイエル社のトリキュラーと同じ成分なので、
低用量ピルを安く入手したい方はトリキュラーの海外版を購入することを
おすすめします。

トリキュラーの海外版の値段は
1シート 1130円(送料込み)
6シート 2303円(送料込み)
格安、いえ、激安です。

>>トリキュラーの購入はこちら




低用量ピルトリキュラーで生理不順改善

私は長年、生理不順でした。それに加えて月経痛がとてもひどく、
また、月経は始まる前の数日間は、とてもイライラしていました。

このような症状を改善するため、産婦人科を受診しました。

原因として、ホルモンバランスが乱れていることが考えられるとのことでしたので、
低用量ピルを処方されました。薬の名前は「トリキュラー」といいます。

飲み方は、三週間トリキュラーを服用し、
一週間、服用をお休みするというものでした。

私はこの薬を半年間服用しました。

薬をお休みしている一週間の間に生理がきて、
薬を服用している間は生理はない、
という生活を半年間続けた結果、生理のリズムが整ったのか、
ピルの服用を完全にやめた後も、きちんと周期的に生理が来るようになりました。

また、ピルを服用する前は生理痛がひどく、
痛み止が手離せなかったのですが、
ピルを服用してからは、生理痛はあるものの、
薬を飲むまでではなくなりました。

ピルの服用をやめた今も、生理痛は以前のようにひどくありません。

そして、一番効果を感じたのは生理前のイライラの改善でした。

生理前は、自分でもわかるくらいイライラしてしまって、日常生活に支障をきたすほどでした。

それが、ピルを服用している間は、全くイライラがなく、
自分自身、とても楽に、心穏やかに過ごせました。

副作用について、医師からは頭痛がする可能性があるとの説明を受けましたが、
私の場合、副作用は全くありませんでした。

また、ピルを服用すると太ることがあるそうですが、
私の場合は体重増加もありませんでした。

>>トリキュラーの購入はこちら