脇汗を止める薬

暑くなってきましたね。
脇汗で困っている人は多いと思います。
白い服なら、最悪、脇汗で黄ばんでしまうことも、、、

こんなときは多汗症の薬を使うのがいいかと思います。

有名なお薬は2つあって、

ひとつはプロバンサイン
プロバンサイン

こんな飲み薬です。
IMG_8389

本当に汗が止まるようです。

脇汗以外の汗も止まります。

欠点は体の水分が止まるようです。

目はドライアイぎみになるし、唾液も少なくなるようです。

飲む量は、副作用も考慮して、ピルカッターなどで薬の大きさを調整して、

自分にあった分量を飲まないといけないようです。

次は塩化アルミニウム溶液。

これはプロバンサインと違って、とめたい場所だけ止めることができます。

欠点は液なので、塗らないといけないこと、

下手したら、たれたりすることもあります。

どっちがいいかは個人の好みになるかと思いますが、

脇汗で悩んでいる方は試してみるといいと思います。
(どっちも苦手だったらゴメン)

>>プロバンサインの購入はこちら

>>塩化アルミニウム溶液の購入はこちら

多汗症の市販薬の紹介

多汗症の市販薬を調べてみました。

一般的によく売られているのが 日邦薬品工業のオドレミン(25ml)で
1050円で売られています。
オドレミン 25ml
オドレミン 25ml
その他デオドラント(制汗剤)はこちら

佐藤製薬のテノール液(30ml)が820円
成分はアルミニウムヒドロキシクロリド、アルミニウムクロロヒドロキシアラントイネート、フェノキセトール、香料です。
テノール液 30ml
テノール液 30ml
その他ひんやり特集はこちら

両方とも、口コミをチェックすると汗は止まるようです。
私的にはオドレミンの方がおすすめです。

更に安いのは塩化アルミニウム溶液を購入することです。
量が150ml1,615 円で買えます。

>>塩化アルミニウム溶液の購入先はこちら

あとは飲み薬ですが、
プロバンサイン。

値段は100錠で3000円ぐらい(ドルの支払いになります)

でも、日本のクレジットカードでOKです。

>>プロバンサインの購入先はこちら




市販してないプロバンサインを通販で購入

市販薬していない多汗症の薬のプロバンサインですが、
これを通販サイトから買う方法があります。

これは海外のサイトから個人輸入で買うことです。
プロバンサイン

海外のサイトというと敷居が高い感じがしますが、

日本人向けの日本語のサイトで、海外在住の日本人が運営しています。

支払いもクレジットカードの支払いがOkですし、

日本の銀行払いも可能です。

値段ですが、100錠で、3000円で送料込みです。

このプロバンサインというと皮膚科の先生でも処方してくれない(知らない)こともある
薬だそうですが、多汗症で悩んでいる方には

塩化アルミニウム溶液と並んで、人気の薬です。

プロバンサインは飲み薬なので、

塩化アルミニウムのように塗ったり、たれたりしなくていいのが長所ですが、

短所として、とにかく、汗以外の水分も止まるそうです。

で、のどが渇いたり、目がドライアイになったりする副作用があるそうです。

>>プロバンサインの通販サイトはこちら

>>オオサカ堂が売り切れの場合はこちらでも売っています






塩化アルミニウム溶液が購入できる

多汗症の薬、汗を止める薬として有名な塩化アルミニウム(20%)・塩化ベンザルコニウム液:150ml入が
販売価格1,615 円で買えます。

150mlというのは大きなサイズでお買い得と思います。
3本セットなら3,741 円で販売しています。

>>塩化アルミニウム溶液の購入先はこちら