デパスを飲んで気分障害の治療を行ったこと

私は10年程前、度々急な不安感を感じるようになりました。

最初の内は我慢できていたのですが、そのうちに急に動悸がしたり不安感のために横になることも多くなってきたため心療内科に通院することにしたのです。

心療内科では私の症状や悩みを詳しく聞き取った結果、気分障害を発症していると診断され、抗うつ薬とともに抗不安薬も服用することになりました。

この時私が初めに医師から処方されたのがデパスという抗不安薬で、このデパスを飲むと不安感もおさまりました。

ただ最初の内は眠気がひどく、日中でも活動することができずずっと横に臥せっている期間が続きました。

ただこのような副作用も、長く服用し続けることによって段々と消えていきました。

私はこのデパスを数年にわたって使用し続けました。

この間、不安感は軽くなったのですが、飲み忘れてしまった時には意識が遠のいたり、瞬間的に意識が飛ぶような不思議な感覚に襲われることもあったのです。

また、使用し続けていくうちに元々の量では効かなくなり、徐々にではありますが処方される薬の量も増えてしまいました。

この部分だけ見ると、薬の安全性に不安を持ってしまいますが、医師と相談の上徐々に薬の量を減らしていったので、体への依存や副作用もなく薬をやめることもできました。

効不安薬は医師の指導の元適性を守って使用すれば、精神的な疾患や悩みを解消してくれますし、元の様な健康を取り戻すこともできると実感しています。




私の抗不安剤(デパス)の使用について

私はある日突然、強度の不安感に教われて、精神的に不安定な状態になって、家の近くにある総合病院の中の心療内科に行きました。
その時に処方されたのは、デパス1mgでした。それを一日3回飲むことになっていました。
デパスを飲むと、夜もよく眠れるようになりました。
しかし、デパスはそのうちにあまり効果が見られなくなり、極度の不眠症になりました。デパスは依存性が強く、私はデパス依存症になっていたのです。
デパスの他に、アモバンが処方されましたが、アモバンは飲むと口が苦くなって、水を飲んだだけで、口の中が苦くて仕方がなくて、アモバンは中止になりました。
その代わりに、ロヒプノールを処方されました。
それは口が苦くなることもなく、良く眠れるようになりましたが、不安感は続いていました。
それで、心療内科の先生から、うちではどうしようもないので、大学病院の精神科を受診するようにすすめられたので大学病院の精神科を受診するようになりました。不安感は相変わらず続いていました。
大学病院の精神科に通うようになったら、いくつかのお薬を飲んでみて、効果を確認してから他の物に変更になったりしました。
ヒルナミンを飲んだこともありますが、最初は副作用で何も出来ないくらい眠くて仕方がありませんでした。
ヒルナミンはしばらく飲みましたが、やがて中止になりました。今では、マイレースを飲んでいます。
夜寝る前には、ベンザリンとロヒプノールとリフレックスと一緒にマイレースものんでいます。




過食症を抑えるためにデパス

私はストレスから過食症になり食べたい衝動が吐くまで止められず、通院を始め、病院から抗不安剤だと言われルボックスという薬をもらい服用していました。

この薬は小さな黄色の錠剤で、私は25mg錠を朝昼晩3回1錠飲んでいました。

医者から副作用があるかもしれないとは言われていましたが、確かに飲み始めて一週間ほど吐けない吐き気が続きました。

おえっとなるのに何も出ない、いっそ吐いてしまえたら楽な感じでした。

それと胃がむかむかして気持ち悪かったです。

飲み始めに通院した際に副作用のことを相談したのですが、おそらく最初だけだろうということで様子を見ながら続けて飲むように言われました。

副作用は飲み続けるとなくなりました。

薬の効果の方は、過食は止まりました。

いつも胃がむかむかして気持ち悪く、お腹が張ったような感じで何も食べる気が起きなかったです。

過食は止まりましたが不安の方は止まらず、不眠症になり睡眠導入剤をもらいました。デパスという薬でした。

デパスを飲み始めてからはいつも眠くて気が付くと椅子に座ったまま寝ていたり、バスで寝てしまったりということがありました。

飲んでいたのは夜、夕食後だったのですが一日中眠かったです。
体が重だるい感じもしました。

医者に相談しましたが、これもまたルボックスと同じで飲み続けたら治まると言われ一年ほど経った現在も飲み続けていますが良くなりません。

医者からはすぐによくなるものでもないので、様子を見ながら継続することが大切だと言われています。




パニック障害とうつ病でデバスを飲んでいます

今年の春に運転中にいきなり恐怖心に襲われて、救急車で運ばれた経験があります。
死ぬかと思うくらい心臓がドキドキし手足が震え涙が止まりませんでした。
しかしくわしい検査をしても異常なし。
精神科に回されました。
その結果パニック障害と診断されました。

軽いうつ病もあると言われショックでしたね。自分では全く気がつかなかったのですから。
しかし運転中に事故でも起こさなくて良かったです。
これからはしっかりと治療していこうと決心しました。

抗不安剤を飲んでいます。種類はデバスです。どんな時に飲むのかは寝る前に飲んでいます。
精神科で処方されたものですのできちんと量も守って飲んでいますよ。
効果は最初はあんまりわかりませんでしたが、よく眠れるようになりました。
発作も出なくなりましたね。
まあ、飲んでいるという安心感もあるかもしれません。
お守りのようなものです。

またあの恐怖を味わうかと思うと当分は外出もできませんでした。だんだんと慣れさせていきました。
最初は家族に運転してもらっていましたが今は自分で運転して病院に通っています。
依存性はありませんでしたね。決められた時間に飲むだけです。

ただ、最初に副作用はあったと思います。なんせ初めての精神安定剤ですからね。
なんだか幻覚みたいな朦朧とした感じはありました。
あと下痢をしましたね。
吐き気もありました。
でもすぐに収まり身体が慣れてきたようです。
今もずっと精神科に通っています。体調もよくなりました。




フロモックス錠ジェネリックのセフカペンピボキシル塩酸塩錠100mgがネット通販で購入できる

フロモックス錠のジェネリック品のセフカペンピボキシル塩酸塩錠100mgがネット通販で購入できます。
フロモックス錠といえば、膀胱炎の薬として有名な抗生物質です。

セフカペンピボキシル塩酸塩錠はこんな薬です。

値段は20錠で2800円
100錠で9900円です。

>>フロモックス錠ジェネリックの購入はこちら




とりあえずデパスなんていう医者がいる

デパスってよく処方されていますね。
この処方自体、決して間違いというわけではないと思いますが、、、

原因がよく分からなくても、対症療法としては充分だからですよね。

でも

『よく分からないけれど、とりあえず デパス。』

なんていわないでほしいですよね。

それに

それも1mgを1日3回という最大量で処方する先生もいるも見たいです。
(((o(*゚▽゚*)o)))

安定剤だということさえ伝えてなくて、とりあえずという説明。
ひどい医者が多いですね。

医者にかかるときは注意してかかりましょうね。

最後は結局自己責任ですから、、、




デパスはうつ以外の効果も。バランスが良い良質の薬です。

田辺三菱製薬のデパス0.5mgを約5年、うつがひどい場合や、
ほかのうつの薬が効かない場合などに利用しています。
(就寝前1日1回)

印象としては、ひどい副作用がなく、
使い勝手のいい良い薬と言えます。
 
うつ症状だけでなく、肩こりや、
睡眠補助などにも効果的なので
、困ったときのデパス!といった感じで、
私にとってはバランスの良い、お気に入りの薬です。

アルコール依存症にも効果があるようで、
依存症の友人もデパスを服用していましたが、
仕事をバリバリこなしていました。
 
ただ、病院の先生の意見としては、
「アルコール」と同じで、
依存性が高いのであまりおすすめではない薬だと言われました。
 
なぜなら薬による治療は、
体調に合わせて最終的にはすこしずつ減らしていくことを目的に投与しないといけないのですが、デパスは良く効く薬なので、
ついその効果に頼りがちになってしまうため、
利用期間が長くなってしまうのだそうです。
 
実際、中毒性が高い薬ですので、
私の場合はほかの薬が合わない場合にのみ、
頓服薬(いつでも飲める薬)として処方していただいています。

先生と相談の上、
利用する方によっては、
少し慎重になったほうがいいかもしれません。
 
また、一般的にジェネリックとそうでないものとでは、
効果に違いがないように言われているようですが、デパスについては違うように思えました。
 
個人的な感想かもしれませんが、ジェネリックのほうは効果が短く、
うつがひどい時は、特に効きが悪かったです。
 
効果が得られにくい場合は、飲み比べてみることをおすすめします。

大塚製薬のエビリファイ錠はうつに効きが良いですが、人によっては副作用も。

精神が不安定(主にそううつ)になったため、
精神科で投薬されたのが、
大塚製薬のエビリファイ錠でした。

最初の投与量は3mgで1日2回程度でしたが、
しばらくして錠剤が6mgに増えました。
 
飲んだ最初の感想としては、便秘がひどくなるぐらいで、
特に違和感はありませんでした。
 
約1ヶ月の投与の後、精神的にも安定してきましたが、
大事をとって処方は引き続き行われました。
 
特に問題ないように思えたエビリファイ錠でしたが、1ヶ月半を過ぎたころ、
異変が起こりました。口のしびれがおきはじめたのです。
 
なんだかおかしいなぁと思いながらも、
次の病院の診察が一週間後だったため、
特に疑問もなく、薬を飲み続けました。
 
また、不安がひどい場合の応急処置の薬として、
同様の大塚製薬のエビリファイのアリピプラゾール液を処方されていましたので、

異常がひどいときはそちらを飲むこともありましたが、
特に改善はされませんでした。
 
その後、約一週間で、症状はさらにひどくなり、
最終的には歩行や排泄まで困難となり、入院するまでに至りました。
 
しかしそれがエビリファイの副作用という診断が下されるまで時間がかかったため、
最終的にはベッドの上で身動きを取ることすら難しくなってしまいました。(゚Д゚*)

先生にはエビリファイの副作用としてパーキンソン症候群が出ていると診断され、
投与を中止したら、1ヶ月ほどで元通りに回復しました。

先生曰く、こんなに副作用が出るケースは珍しいということでしたが、
こんな怖い副作用があるものだと驚きました。

あとで調べたところ、
最近の薬の中でもエビリファイは特に副作用が少ないタイプのものだったそうですので、
私はまれなケースだったのだなとは思います。。。。。

うつに関しては効果的で、おすすめの薬ですが、
身体に違和感を感じた場合は、
すぐに先生に相談をしたほうがいいでしょう。

抗不安薬(リスパダール、サインバルタ、レスリン、ユーパン)を服用中

私は、現在うつ病・社会不安障害で抗不安薬等を服用しています。

主な薬はリスパダール、サインバルタ、レスリン、ユーパンです。

どの薬も、病院で処方していただいたものです。

この中で抗不安薬と言われるものはユーパンのみなのですが、
これは頓服として処方されています。

私は日常せいかつにおいて、たまに不安を感じる事が多く、
中でも強い不安を感じる時に飲むようにとお医者様から言われています。

容量としては0.5mgを1錠ということなのですが、
これを飲むと、ついさっきまで感じていた不安が少しだけ和らぎます。

私の場合、この薬で不安感を完全に取り去るということはできませんでした。

当然副作用もありました。薬が効いている間、若干の眠気と、
頭がぼーっとして、人と会話をしていても、
相手が何を言っているのかなかなか理解できないということが多々ありました。

何を言われても、うわの空です。

言われた言葉は耳から耳へと抜けていきます。

副作用としてはあまり重くないと思いますが、
私の場合はこれが辛かったです。

こういった抗不安薬は、依存・耐性が心配されますが。

私は耐性がついてしまいました。
何回か飲んでいると、そこそこ感じられていた効果がなくなり、
薬を飲んでも不安感が和らがなくなってきました。お医者様に相談すると、当然薬の量は増えました。

すると、また薬を飲んでいるうちに効果がなくなり、
また薬が増えるという悪循環に陥ってしまいました。これもある意味薬への依存でしょうか。

抗不安薬は依存・耐性がつきやすいかと思います。これらから抜け出すのは大変です。

幸い私は、耐性は残りましたが、
依存から抜け出し、
ユーパンをあまり飲まなくても生活できるようになりました。




抗鬱薬、抗不安剤、睡眠剤を6年間服用

もう今は服用していません。
7年前に精神科にかかり、
その際に抗鬱薬、抗不安剤、睡眠剤を処方されました。

メインで抗鬱薬を服用していたので、
抗不安剤と睡眠剤は補助的な感じでした。

抗不安剤は、外出前に落ち着かせるために飲んだり、
就寝前に睡眠剤の効きをより良くするために飲んでいました。
飲んだことのある抗不安剤は、デパス、メイラックス、ソラナックス、レキソタンでした。

他にも一時的に飲んでいたのはありますが、
比較的長い期間飲んだことのあるものは以上4つです。

外出前や人前に出る前など、
緊張が強いられる場所に行く前に飲んでいたときはあまり体感的な効き目は感じられませんでした。

お守り感覚で飲むという形でした。

それに対し、
睡眠剤と一緒に就寝前に飲んだときは、効き目がものすごかったです。

このときの睡眠剤は
マイスリー、ハルシオン、グッドミン、ロヒプノールが
その時に応じて処方されていました。

この中のいずれも、就寝前の抗不安剤との組み合わせは効いていました。

効きすぎて健忘を起こすこともしばしばでした。

副作用については、あまり感じていませんでした。

抗鬱薬の副作用は飲み初めに感じた程度でしたので、
おそらく副作用に慣れてしまったのだと思います。

お守り感覚で飲んでいた抗不安剤は、依存した時期がありました。

外出時に予備の抗不安剤を持っていかなかった場合は、
そのことに気付いたときにとても落ち着かなくなり困ったことがありました。

それでも依存と感じられる部分はこの部分のみでした。

6年間ほど抗鬱薬、抗不安剤、睡眠薬を服用していましたが、
とんでもない量を服用しなくては効かない!ということもなく、
断薬もスムーズに行うことができ、今は薬なしで生活できるようになりました。