子宝草を大切に育てました

赤ちゃんが欲しいという気持ち、日々日々膨らんでなかなか妊娠できない時のつらい気持ちは女性にしかわからないナイーブな感情だと思います。
私が妊娠するためにしたことは、子宝草を育てることです。神頼みのようなおなじないのような、現実離れした内容かもしれませんが、私はこの方法ですぐに妊娠できました。
これは、株に小さな芽がなっているのですが、それをいただいてきました。譲ってもらう相手は妊婦さんや先輩ママさんがいいそうです。幸せのおすそわけをしていただきましょうね。
私はそれを水を含ませたコットンの上に大事に乗せてお気に入りのお皿に浮かべ、毎日目の届くところに置いて水をあげていました。妊娠したいという焦った気持ちはなくて、どんどん大きくなって芽が伸びていくこの緑の植物に癒されていましたし、可愛らしいなぁと思って愛着がわいていきました。
子供を授かってからも、元気な赤ちゃんが生まれますように・・・という気持ちをこめて願掛けのようにしてずっと育てていましたし、無事に出産してからも元気に育ちますように、という願いをこめて大事にしていましたね。
そして私も先輩ママとして、ついに株分けをすることも経験しました。嬉しかったですね。この子がもらわれていく先でもしあわせを振りまいてくれますようにという気持ちをもっておすそ分けさせてもらいましたよ。
妊娠希望している女性がいれば、ぜひ子宝草を育ててみてくださいね。毎日伸びていくその成長が癒されますし、あなたのもとに可愛い赤ちゃんを読んできてくれることは間違いないでしょう。

グリスリン