飛騨高山の栗よせは期間限定!

秋の季節だけの限定というレア感たっぷりの飛騨高山のお菓子があります。
「栗よせ」というお菓子です。

ういろうのような、羊羹のような、なんだかちょっと固めの水羊羹?のようなちょっと不思議なお菓子で癖になる美味しさ!
中には蒸しただけの栗がゴロゴロと贅沢に入っているので栗好きさんにはたまらないはず・・・(^^)/
シンプルだけれど他には無い食感で食べ応え抜群、綺麗に越してある餡子が甘さ控えめでドンドンと手が伸びて食が進んじゃいますよ~(’0’)
尾崎というお餅やさんの物が一番人気です。
値段も600円くらいで10個ほど入っています。
日持ちがしないので買ったらすぐに食べるべし!
温かい日本茶と一緒に食べるとそれはそれは美味しさ倍増ななんですよぉ(^^)
あんまり観光客の人には知られていない地元の人だけが堪能している美味しいお菓子なので買わないのは勿体なさすぎ!
スーパーならどこでも手に入るので是非食べてみて欲しいお菓子です。
ただし、地元の人も期間限定だからこそこぞって買うお菓子なので午前中に売り切れることもシバシバ・・・。
朝起きたら名物の朝市に行って、その足で帰りにスーパーに寄ってくださいね!
売り切れ続出で本当にお昼を過ぎてしまうとどこのスーパーでも手に入らなくなっちゃいますからね~。
小さい頃からおばあちゃんのお家に遊びに行くとこれを秋には食べていました。
今でももちろん大好きでクール宅急便でわざわざ送ってもらうくらい(笑)。
また食べたくなってきちゃった~!(T0T)




沖縄のおすすめのお土産

私はよく沖縄に旅行に行きます。
去年も今年も沖縄に行ってきました。
沖縄に行くといろいろなお土産を、友達や家族や職場などに買っていきます。
沖縄のお土産はみんなに喜ばれますね(´▽`)

私は沖縄に行くと必ずお土産で買っていく物があります。
それは、お菓子御殿の紅芋タルトです(^^)

紅芋タルトはとても有名ですよね。
沖縄と言えば紅芋タルトだと思います。
至る所で紅芋タルトは売られていますよね。
それほど人気商品なんだなぁと思いますし、売れていますよね。
味もとても美味しいです。
友達などに買って行くと、紅芋タルトを買ってきてと頼まれることもあります。

あとは、食べものでいうと、ソーキそばなどもお土産としては良いですよね。

沖縄ならではのお土産というか、他では買えない物はお土産として喜ばれますよね。
私はソーキそばが自宅でも簡単に食べられるセットを買っていったりします。
あとは、ソーキそばのカップめんとかも面白くていいですよね。

それから、物のお土産では、やはりシーサーの置物などは意外と結構喜ばれます。

沖縄と言えばシーサーですよね(´▽`)
大きな物から小さな物までありますが、小さなシーサーの置物はいろんなところに飾ることができますし、いいと思います。

琉球グラスもお土産としてはいいですね。

とてもきれいなグラスなので、お土産であげるとみんな喜ぶと思います。
私も琉球グラスが好きなので、いつも自分用でも琉球グラスを買って帰ります。

沖縄はたくさんお土産が売っているのでいいですよね。
お土産を買うときも楽しめますね(^^)




烏取砂丘のモアイのお土産品

烏取といえば烏取砂丘ですよね。
歩いて見ると、その広さ、青い海とのコントラス、絶景です。
風によって出来た風紋など、本当に美しいんですよ。
烏取砂丘に行くと、その砂、ちょっと持って帰りたくなります。
でも、それはだめなんですよね。禁止されています。
数年前から少しづつ砂丘が狭くなってきているんです。
潮の流れが変わり、海岸線がけずられて、あと雑草が生えてきて、
砂丘が緑化してきているんです。
なんとかそれを防ごうと草取りなどの活動が地道に行われていて、
その一つで、砂の持ち出しは厳しく罰せられてしまいます。
そんな人の為に、砂丘のモアイはどうでしょうか。
小皿にのったフィギアから、ストラップ、イヤリングまで、
色々なものが登場してきています。

モアイはきちんと固められているので、ばらばらに壊れることはないです。
小皿にのったフィギア、結構お洒落なんですよ。
ちょっとしたインテリアになり、なんとなく癒しになる気がします。
置物なんてちょっと邪魔という方には、ストラップがいいと思います。
モアイ、可愛いいんです。
ただ烏取とモアイなんの関係もないんですけど。
そこが気にならなければいいお土産だと思います。

烏取砂丘は最近パワースポットとしても有名です。
そのパワースポットの砂ですからね。
きっと、喜ばれると思います。
お子さんが、学校のお友達へのお土産にするのもいいと思います。
ちょっとうけるというか、面白がられるんじゃないでしょか。




日光に旅行したら是非、きぬの清流を

修学旅行や観光で、行く機会も多い日光。
そしてあちこちで売っているので、格段珍しいという感じがしないかもしれませんが、
馬鹿に出来ない美味しいお菓子があります!

「きぬの清流」
このお菓子、ぱっと見た目はぱさぱさしたどら焼きって感じなのですが。なんと油、水を一切使って無いんです!
上質な小麦粉とたまごで出来てる皮は噛むと「ふぁさっ」という感じの食感です。

不思議な食感は、油脂が含まれていないせいですが、油脂が含まれていないという事は、カロリーが低いということです。
この美味しく不思議な食感の皮ではさんだ小倉餡。これはちゃんと甘いです。
きっちり甘いのですが。上品な甘さでいやみがありません。
たとえると、すごく美味しい最中のあん、あれよりも少しやわらかい感じです。
ふぁさっとした風味のよい皮にきちんと甘い餡。これ、正直絶品です。

緑茶でも紅茶でもコーヒーでも、あわせる飲み物を選ばない、懐の広いお菓子でもあります。
餡ものですが、小麦粉と卵のあわせ技で一本!です。

価格も5個 420円と、お子さんのお小遣いでも家族に買って帰れるくらいの良心価格。
会社に持っていって、好きなだけ皆さんでどうぞ!と大箱買って行くのも28個 1,890円ですよ!
同じフロアの人に配るにはもってこいです。

はじめて食べたのは、小学生の頃で、父がお土産に買ってきて、美味しい!
また行ったらこれ買って来て!とお願いするほど感動しました。

今、自分が旅行に行ってお土産を買う立場になりましたが、差し上げる用と自分用、2箱買います。




イタリア、モデナでGET!!バルサミコ酢

イタリアといえば、ローマに、フィレンツェに、ヴェネツィアに・・・。
そろそろ、もう少しコアな街に行きたいなら、モデナ!
ボローニャの隣街。
ボローニャ空港からもバスで1時間弱。
近い近い。
有名なのはF1のフェラーリだけど、オミヤゲにするなら、なんてったって、バルサミコ酢!

美味しいんだぁ。(^-^)
お酢ぅぅぅ?
なんて、いわないでねぇ。
これは、イチゴにかけても美味しい、ミラクルなお酢。
いまや、いろんな場所で入手できるけど、そんなまがいもんは、やめなさい!
本物をモデナでGET!!
普通の酢と違って、トローンとしてるのが本物。
経過年数によって、値段も格段に違ってくるワケで。
予算にあわせてチョイス。
○十年ものは、100ユーロ以上。(>-<)
そうそう、色は真っ黒です。(O-O)!!
でも、黒い食べ物は日本人にはなれたもの。
海苔だって黒いし。笑
透明じゃないので、ソースか?って、間違わないでねぇ。
本物は、まーるいビンにコルクで栓+蝋で封印してあるもの。
何年物かも記載してんきゃ、本物じゃないんだよー。
そこらへんの、イタリアのスーパーで売ってるモノとは、まったく異なる品物。
熟成させた樽の木の種類によって、風味も味も見事に異なる。
さすがは、熟成の国。イタリア!
ワインは、重いし、場所とるし・・・(T-T)
大事な人へのお土産に。
コロンとした可愛いビンに凝縮されたブドウのうまさ。
たまらんです~。
ビターなチョコにかけても美味しいの!
下戸の人へもお土産にも最高。
バルサミコ酢、お試しあれ。




宮崎県のお土産だったらチーズ饅頭でしょっ

宮崎県といったらマンゴーとか思っちゃいますけど、
実はチーズとかも意外と美味しかったりするんですよ~。
以前テレビでチラッと見てから食べてみたくてしかたがなかったお菓子が「チーズ饅頭」です。

ただのお饅頭ではない!なんと生地がスコーンみたいになっていて、
中にたっぷりとチーズが入っているという洋風のお菓子なんですっ(^^)
女子にはたまらないお土産ですよぉ。
色んなお店が出しているのでそれぞれ特徴があるみたいですが、
私は風月堂さんの元祖チーズ饅頭が好きかなぁ。
一個105円だから大人買いできちゃいますよん(^з^)
チーズ大好きな私、特にチーズケーキはベイクドチーズケーキが大好きなので
まさにこれはそのお饅頭バージョンといった感じでドンピシャ!なのでありますっ。

宮崎ってあまり行った事がなかったのでお土産に困ったのですが、
地元のタクシーの運転手さん数人に聞いたところ
みんな「チーズ饅頭」と言われたのでかなり
宮崎では当たり前のスイーツみたいですよ。

和菓子系のチーズ饅頭とかチーズ蒸饅頭みたいなお土産はよく見かけますが、
こういったスコーンぽい生地にチーズという洋風なお饅頭って出会ったことが無いのでちょっと新鮮でしたね~\(ё)/

どうやら一番人気はわ「わらべ」というお店のものだそうで、次回は是非食べ比べしたいなぁと思います。

こんなに地元でメジャーなのになぜか九州の物産展でもチーズ饅頭って聞いたことも見かけたことも無い・・・。

あったら絶対買うのになぁというくらい美味しいお土産ですよ~お試しあれ(^^)b




日本の最西端をご存知でしょうか??、与那国島に行ってきました。

皆さん、日本の最西端をご存知でしょうか??、与那国島です。

最西端に沈む夕日を見てきました。

私は40年前にそこへ行こうと計画したのですが、当時は会社の夏休みが短く行くことができなかったのです。

しかし今回やっとその旅の実現です。

40年前は空港がなく、船でのルートしかなかった。

時刻表では石垣島から夜行で8Hぐらいかかったと思います。

現在は石垣島から30人乗りプロペラ機で30分で到着。

しかし島には何もない、コンビニなし、パチンコ、カラオケ、Barなどの遊び系全くなし、よろずや1軒?あり、信号は1か所のみ。

電気はありましたが、“オラ、東京さ行くだ”、吉幾三の歌詞のような状態ですよ。

民宿のおばさんが言っていました、40年前だったら道路も舗装されていない砂利道だって。




ハワイの高台スポットはダイヤモンドヘッドやハマウマ湾手前の火山火口跡のココヘッド



ハワイは、海だけでなく山や高台に頂上に登って、下の海岸や多数のホテルを眺めるスポットがあります。

上に大きなクレーターがある死火山のダイヤモンドヘッドは、登山客に人気があります。
登山の前に、インフォメーションセンターで1ドルの登山料を払います。
最初のなだらかな道を歩いていくと、次に76段の階段があるトンネルの中に入ります。
そこを抜けると99段の階段を登って行きます。

次の2つ目のトンネルは螺旋状の階段になっていて、
薄暗く前がよく見えない場合がありますのでそこは、
足元に気をつけなければなりません。

螺旋トンネルを抜けるとかつての第2次世界大戦に使用された軍事施設を見ることができます。
今度は、ここから20段の階段を上ると頂上にたどり着きます。
頂上からは、ワイキキビーチとホテルの建物、公園を見渡すことができます。

ダイヤモンドヘッドに登る時の服装ですが、軽装でもOKです。
ただし、時期や時間帯によっては肌寒くなることもあるので、
1枚、羽織るものをもっていくといいと思います。

ダイヤモンドヘッド以外の高台に、ハマウマ湾手前の火山火口跡のココヘッドがあります。
かつて通信施設があった所で、かつて物資の運搬手段としてトロッコが敷かれており、その名残が今でもあります。
コオラウ山脈の900mの断崖絶壁にあるヌアヌパリ展望台も、見晴らしのよさで観光客に定評があります。
カメハメハ大王がハワイ統一を成し遂げた場所で、
戦に負けたたくさんの兵士達が断崖から突き落とされ、
兵士の霊が出るといわれることから夜は、心霊スポットとしても知られています。
また、山脈の切れ目から強い貿易風が吹く場所としても知られています。






ハワイに行ったらプランテーションに行ってみよう



今のハワイには、ヨーロッパ系白人のアメリカ人や土着民族のポリネシア人だけでなく、
日系人、ポルトガル人、中国や朝鮮半島の人など様々な民族が互いに共生しています。

特に、19世紀から20世紀にかけて労働移民としてやってきた
日系人、ポルトガル人、中国人は、プランテーションという大規模農園で働いていました。

その当時の面影を残す施設として、ハワイプランテーションビレッジがあります。
ワイキキ中心から西のワイパフ通りにあります。
ここは、サトウキビ畑の労働で海を渡った先人達の家と生活必需品、調度品の数々が保存してあります。
サトウキビの生産は、ハワイの地場産業として大きな役割を果たしてきましたが、
実際にその恩恵を受けていたのは、一部の白人の経営者や資本家であって、
そこで働いていた人たちの暮らしは、決して楽ではありませんでした。

もう一つお勧めなのは、パイナップルメーカーでお馴染みのドールプランテーションです。
パイナップル・エクスプレスの機関車に乗って、プランテーション一周することができます。
それだけでなく、巨大ガーデン迷路を楽しむことができます。
飲食施設もあって、レストランコーナーでは、
ボリュームのあるパイナップルソフトやパイナップルスイーツ、ステーキ類
といったメニューが豊富にあります。

土産コーナーも充実していて、Tシャツや加工品類を購入することができます。
どちらのプランテーションにも日本語表記やガイドがついています。






ハワイのオススメビーチとカイルア



私はカイルアタウンの「ワイマナロビーチ」と「ラニカイビーチ」がオススメです。

アラモアナから57番のバスに乗り、たどり着いた「ワイマナロビーチ」は、ほとんど人がいなくて、砂浜には私たちだけ。
この日は波が高かったので、私たちは足をつける程度だったけど、海はもちろん透明!
とっても静かなビーチで、のんびりゆっくりするにはオススメです。

そして、さらにバスに乗り、「ラニカイビーチ」へ。
このビーチへたどり着くには、住宅街をひたすら歩きます。
地元の方のおうちを見たり、きれいな花を見たり、かわいい看板を探したりするだけでも、私はとっても楽しかった♪
目的のビーチへ到着すると、感動の景色が目に飛び込んできます。
白い砂浜、エメラルドグリーンの海、まるでクリームソーダのようです!!!
私が今まで訪れた海の中で一番きれいな海だと思います♪
このビーチは波が穏やかだったので、子どもでも安心して泳ぐことができると思います!
アラサーの私たちも思わず走って海に飛び込んでしまうくらい、テンションの上がるビーチでした。
ワイキキビーチとはまた違った魅力のあるビーチです♪

そして、帰りにカイルアタウンでショッピングです。
この地区はオシャレなお店がたくさんあります!
その中でも一押しは「muse room」です。
かわいい雑貨やお洋服で溢れていて、見ているだけでも楽しくなるし、リゾートワンピなどもたくさんあります。
私と友人はこちらで買ったワンピースを旅行で着ました♪
店員さんも気さくできれいなお姉さんで、キラキラしていてステキでした!
かなりオススメのエリアです♪