子どものニキビの対処法はオロナイン

私が子供の時には、祖母が何かあるとすぐにオロナインを塗ってくれていました。

怪我をしたら、そこにはオロナイン。

そしてニキビができたらオロナインでした。

だから当たり前のように、気が付いたらニキビの薬になっていたのです。

知らない間にニキビってできているものなのです。朝起きて鏡を見て、ほっぺのニキビに気づいたらオロナインを塗っていました。

塗り広げるのではなくて、ニキビの上におく感じで塗るのです。軽くすり込んでみる感じです。

きつくしてしまったら、ひどくなってしまうのでいつも気を付けて塗っていました。

子供の時には炎症を起こしているニキビが多くできました。だから私はひどくならないうちに、なるべく早めにオロナインを塗っていたのです。

オロナインは白いのですが、白さがなくなるくらいに塗っていたのです。

朝起きてからと夜に寝る前に塗っていました。

あまりにもベタベタになる時には、べたつきを拭き取ってもいました。

子供だったのでお化粧をする事もないし、結構早めに治っていました。鏡を見ていつも憂鬱になっていました。

なかなか治らない時には、自分で潰してしまおうと思った事もあります。

でも祖母が私のニキビに気が付いたら、必ずオロナインを塗ってくれていたのです。

(三重県 みかんさん)




思春期ニキビが治りにくいのはホルモンの影響だけじゃないかも?

思春期には皮脂の分泌が盛んになってしまうので、どうしてもニキビができやすくなります。

おでこなどTゾーンにポツっと一つや二つあるくらいなら、「青春のシンボル」なんて笑っていられますが、頬やアゴまでブツブツになってくると、女の子なら、かなり深刻に悩み始めるのではないでしょうか?

実は、私も中学生から大学生の時まで長くニキビには悩まされていました。

お肌がきれいなほうが透明感や清潔感があって可愛く見えるような気がしていたので、いつも早く治したいと思っていたんです。

高校くらいになると、行動範囲が広がって友達同士でドラッグストアに行く機会も増えたので、本当にたくさんの種類の洗顔料を試しました。

当時は、どうにかして皮脂をすっかり取り除いてしまおうと、汚れを落とす効果が高いものばかり選んで使っていたんです。

化粧水のようなお肌に優しいスキンケアは行わずに汚れや角質を落とすことだけ考えていたんですよね。

大人になって、知識が増えてくると、当時、なぜニキビが治らなかったのか、なんとなく分かるようになりました。

皮脂には汗と混ざってお肌を守るバリア機能もあるので、皮脂を落としすぎることがトラブルを招くこともあるんです。

乾燥によって角質が分厚くなったり硬くなってしまって毛穴をふさぐことだってあるんですから。

今、私がニキビ対策に大切だと思うのは、正しい知識をしっかりと持つことと、根気良く自分にあったスキンケアを続けること。

でも、若い頃はそれが難しかったんですよね。

(兵庫県 ひなママさん)

こちらのサイトではみなさんからのおすすめのニキビ洗顔料・洗顔フォームを集めています。
↓↓↓↓↓↓
http://xn--t8j4aa8f8d8lnhlcx562e8wpa3g6i.net/



出来てしまった思春期ニキビの対処法

どんなに気を付けても多少のニキビはできてしまいます。
「ヘタにいじると跡が残るのでいじらず放置!」とは聞きますが、私の場合放置したら赤く腫れて悪化し、結果的に跡が残ってしまいました。

それぞれの肌のコンディションやニキビの性質にもよりますが、できるなら小さいうちに潰してしまう方がいいように感じます。

皮膚の表面近くにできた白ニキビなら、清潔な状態でコメドプッシャー(面皰圧出)などを用いてニキビの芯を出した後に化粧水とニキビの薬でケアしておけば炎症が起こらず綺麗に治ります。

ただ皮膚の奥の方にあるニキビや固いニキビを無理に押し出そうとすると皮膚を傷めてしまうので、そのような場合はニキビとその周辺を清潔に保ち薬を塗るなどして様子を見ましょう。

思春期ニキビは一時的なもの、悲観しない
肌が荒れていると気分は沈みます。

特に多感な思春期の子どもにとっては悲しいことです。

ですが悩みからくるストレスも肌にはよくありません。

思春期ニキビは一過性のもので、主にホルモンバランスの崩れや皮脂の分泌が活発すぎることが原因で起こります。

10代後半から20代に差し掛かるころにはそれらが落ち着き思春期ニキビは治ります。

「同じ年頃の人は大抵ニキビが出来ている」「いずれ治る」と考え、あまり気にしすぎないようにしましょう。

(長野県 しうさん)




とにかく思春期ニキビは絶対に触れずに我慢して治す!

私の経験上思春期ニキビは手で触ってしまうとその後跡が変に残ってしまったり膿がたまってしまってニキビが炎症してしまったりしがちとなってしまうという結果になることが多い気がするのです。

なので、ニキビが出来てしまった時には決して手では触らないように気をつけて過ごすようにしていました。本当は手でニキビを触り中の芯を取り除きたい気持ちでいっぱいになってしまうのですがそこはぐぐぐっと我慢なのです!

手には目には見えない雑菌やばい菌がやっぱり多数ついていたりするのであなどれないからです!

だからニキビケアとしては入浴後にたっぷりとさっぱりタイプの自分にあう化粧水を染み込ませた後に綿棒にオロナインをつけてニキビにちょんちょんとぬり込むようにするケア方法を試していました。

オロナインが乾いてきたら後はひたすら寝る!という生活をできるだけ送るようにしていると、ある日自然とニキビが治っていたというような記憶だけが今でも残っています。

思春期時代には小さなお肌のダメージもすごく気にしてしまうものではありますが、触るともっともっとより気になるダメージへと進化してしまうことがほとんどなのでここはぐっと我慢生活なのです!

跡が残らないニキビ対処法がやはり1番大事だと考えるのでやはり触るべきではないのです!

(神奈川県 ゆきちゃんさん)




高校生の時に悪化したニキビ体験談

私は高校生になった時にもっともニキビが悪化しました。

毎日のように新しいニキビが出来ていたように思います。

また、鏡を見てそれに触ってしまうことが多かったですね。

良くないとわかっていても触ってしまうのですから悪化をするのも当たり前であると今なら考えることができます。

でも当時はニキビが気になって仕方がありませんでした。

できるだけ鏡を見ないようにしてからニキビには触らなくなったと思います。

癖は恐ろしいものです。

ニキビに対処するために水だけで顔を洗うようにしました。

そうしたらいくらか調子が良くなったと思います。

今まで洗いすぎていたのかもしれません。

それによって皮脂を落としすぎてしまったのでしょうね。

今は適度に洗うくらいにとどめています。

早寝早起きを実践したこともありました。

油物を減らしてみたこともありました。でも大きな効果はありませんでした。

大好きなシーチキンや肉を食べないようにしても肌の状態は良くなりませんでしたね。

皮膚科に見てもらったこともあります。

そのときはかなり悪化をしていたので、薬をもらってきたら良くなりました。

でも完治はしませんでした。

やはりニキビは年代的なものなのかもしれません。

年齢が大きくなるにつれて減っていきましたからね。

(群馬県 ワールドさん)




ラッシュマリンに恋してという洗顔料を使って思春期ニキビが治った

私は思春期の頃、常に小規模なニキビに悩まされていました。

汗をかいたらすぐに拭き取ったり、肌がベタベタしてきたら直ぐに水で流したりといったように、清潔にはかなり気を配っていました。

タオルや枕カバーなど顔に接するものも清潔に保つように心がけていたのですが、なぜか顔にニキビができてしまいます。

そこで使ってみたのが、ラッシュのマリンに恋してという洗顔料です。

これはよくある泡タイプのものではなく、クレイタイプの洗顔料です。

このような商品はあまり使ったことがないので最初はしっかり汚れが取れているのか不安になりました。

しかししっかりと毛穴の黒ずみだったり、ベタつく感じは解消されます。

塩の成分が入っているのか、口に入ると少ししょっぱい感じがあるのが特徴です。

この洗顔料を使うと、さらさらとした感じが長続きするので多少汗をかいても不快感が少ないです。

ニキビが気になって使うと、赤みがひくのも早い気がしました。

肌を清浄に保ってくれるので、この洗顔料を使っている間はニキビができにくくなっていると感じられます。

値段は少し張りますが、それに見合うだけの効果はありますので試してみてよかったと思いました。

一年の中でも特にニキビが発生しやすい、夏には常用したいと言えるくらいオススメです。

(東京都 M.Yさん)




中学生ニキビは食事や睡眠に気を付けつつ洗顔等で治しました

中学生になった頃から急に額や頬、顎と髪の生え際と顔全体に、赤いニキビが出来始めました。

最初はチョコやスナック菓子の食べ過ぎが原因なのかなと思ったので、暫くお菓子を食べないようにしたのですが、それでもマシになりません。

母に聞くと皮膚科に連れてってくれて、お医者さんから「時期的に思春期ニキビでしょう」と言われました。

その時に確か塗り薬を処方してもらったのですが、塗ってもベタベタして痒くなってしまうので、塗るのを止めてしまいました。

私には4歳年上の姉がいるのですが、姉も私と同じ頃に思春期ニキビに悩まされたようで、その時はとにかく清潔に保ちつつ脂っこい物を食べない、よく眠るという生活を送って治したそうです。

なので私も枕カバーを毎日洗う、シーツは2日に一度洗う、汗をかいたらすぐに清潔なタオルで拭うようにしました。

それから、シャンプーは肌に優しいピュアナチュラルを使い、すすぎにも気を遣うようにしました。

洗顔は朝はお湯だけで洗い流し、夜だけファーストクラッシュという洗顔料で洗っていました。

そしてお風呂から上がったらすぐに無印良品の敏感肌用高保湿タイプという化粧水で肌を潤うように気を付けました。

お風呂ではなるべく半身浴をして汗をかくようにしていました。

後は食事ですが、野菜や鶏・豚肉中心にして辛い物等の刺激物や脂っこい牛や炭酸飲料は避けていました。

こうした生活が良かったのかニキビも段々出来にくくなり、出来てしまっても1週間程で治るようになりました。

(大阪府 りかてぃーさん)

>>ニキビ用洗顔料ファーストクラッシュの購入はこちら




敏感肌のあなたへ まかないこすめのスキンケアでニキビを治す

十代の思春期からずーっとニキビに悩まされていました。

自分が敏感肌だというのは自覚していたのですが、敏感肌用の基礎化粧品を使ってもなかなか治らず…。

いままで試してきたものは数知れず。

ネットや口コミで評判が良かったものでも、かえって荒れてしまうものもありました。

今思い返すと、お金と時間をかけて、結局肌を傷めつけていただけでした。

そこで手を出したのが、ノンケミカル基礎化粧品のブランド、まかないこすめでした。

たとえ敏感肌用、あるいはオーガニックとうたっている化粧品でも、多少の化学物質が入っているのは当然だと思っていました。

ニキビの原因であるアクネ菌に対する殺菌剤や、防腐剤、手触りをよくするための合成界面活性剤。

それらがすべて排除されたまかないこすめでスキンケアしたところ、ニキビがどんどん小さくなっていくではありませんか!

三種類ある石鹸は自分のお肌によって、蜂蜜入りのしっとり派、馬油配合のつっぱり知らず派、竹炭成分のさっぱり派で選べます。

毛穴に詰まった汚れは米ぬかの洗い袋やこんにゃくスポンジでスッキリ洗浄できますし、最近では炭酸水パックも登場。

洗顔後はやっぱりノンケミカルの化粧水と美容オイル、フェイスクリームで水分と美容成分をとじこめてしまいましょう!

大事なお肌だからこそ、刺激の少ない基礎化粧品でいたわってあげてくださいね。

(宮城県 樹真琴さん)




オルビスクリアで大人ニキビを治す

思春期の頃は、さほどニキビに悩まされることはなかった私。

ところがそんな思春期を過ぎ、大人になってからポツポツと小さいニキビが気になり始めました。

ニキビは過剰な皮脂分泌が原因と思い込んでいた私は、必死であぶらとり紙で顔を押さえる毎日。

確かに脂は取れるのですが、一向に良くならないニキビ。

どうしてだろう?と困って、色々なスキンケア商品を試してみました。

その中で、お試しセットで購入した商品が私の肌にものすごく合っていたようで、そのセットを使い終わる頃には劇的に肌が良い状態になっていました。

その商品が、オルビスクリア。

大人ニキビに着目した商品で、オイルフリー。

たっぷり使えて低価格。

私にとっては夢のような商品でした。

大人ニキビになり、オルビスを使って初めて、乾燥がニキビの原因になることを知りました。

大人ニキビは思春期ニキビとは性質が異なるもの。

私のように乾燥が原因のこともありますし、それ以外のことが原因のことも。

私の場合は、あぶらとり紙で取る度に、ものすごく乾燥を感じていましたし、その乾燥が原因だったのだと思いますが、ストレスが原因の人もいるそうです。

自分に合った化粧品を見つけることも大切ですが、一番大切なことは、ニキビの原因を元からなくすことではないでしょうか。

(千葉県 レモンさん)

>>オルビスクリアの購入はこちら






ちふれの美白クリームARでニキビが減った。

ニキビに効くと思って使ったわけではありません。

たまたま使ってみたらニキビの良かったものがあります。

それは美白クリームです。

美白クリームって強いものと思っていたので顔には使ってなくて体の黒ずみの対策として使っていました。

なので、金額的にも高いものではありません。

私が使っているのはちふれの美白クリームARです。

たまたま、お風呂からでて化粧水つけてクリームを思って探したのですが見当たらず。

その時に目に入った美白クリームをつけたのです。

初めて顔に使ったのですが、使用感が思ったよりもよく、普段使っているクリームより潤いもあったのです。

しかも少量で潤う感じだったのです。

意外といいなと思ってそれからしばらく使っていました。

しばらくそのクリームを使って気がつきました。

ニキビの赤みが目立たなくなってる。

というよりニキビが減っていると思ったのです。

以前、シミ対策のビタミンCのオイルがニキビに効果的で使っていたのですが切れてしまっていました。

やはり、このような美白系のものにはニキビにも効く感じがします。

オイルは部分使用でつかっていたのですが、クリームは顔全体に塗れるのでそれも気に入っています。

それに、前に働いていた会社に遊びにいったらみんなから白くなったともいわれました。

何粒も美味しい美白クリームもうリピ決定です。

(大分県 あずさん)