子どものイライラをしずめてくれる抑肝散

漢方には、母子同服ということばがあります。

母子同服というのは、母親と、こどもとが一緒に薬を飲むという意味です。

子どもが夜泣きがひどかったり、歯ぎしりや悪夢にうなされているようすがあるなど、

うまく睡眠がとれていないときには、抑肝散をこどもとお母さんが一緒に服用するというのが典型的な例です。

抑肝散は、神経をなだめてくれるはたらきがありますが、

親の神経過敏の状態は、こどもにもうつりやすということから母子同服というような言い方がされてきたようです。

もちろん、こどもの睡眠障害が、すべて親からの影響ともいいきれません。

ですが、子どもの夜泣きによってお母さんもイライラしてしまうことも多いでしょうから、

そんなときには抑肝散を一緒に飲んでみるのもいいかもしれません。

こんなことができるのも、漢方である抑肝散だからこそですね。

母子同服という考え方も、なんだか中医学らしいです。

もちろん、お母さんだけではなく、お父さんが飲んでも良いでしょう。

子どもに関係なくても、日ごろ職場のストレスでイライラしがちであったり、

忙しくて疲れているはずなのに、なかなか寝付けないなどといった症状があるときには、

抑肝散がとても効果的です。

忙しいと、病院にもなかなかいけないまま時間が過ぎてしまいます。

しかし、抑肝散であれば、いろいろなメーカーから商品が販売されていますから、

漢方薬局のみならず、近所のドラッグストアでも見つけることができますよ。

(東京都 くにおかさん)




タンポポ茶で母乳量が増えた!

私は子供が生まれたら母乳だけで育児を頑張りたいと思っていました。
そのことは出産した産婦人科の先生にも話していたので母乳がでるようになってからは母乳だけで頑張っていました。
最初は赤ちゃんもおっぱいを吸うのが下手だし自分も慣れていなかったので時間がかかって正直しんどかったけど入院している間、頑張っていました。
私は里帰り出産だったので退院後実家に帰りました。
赤ちゃんは大きめで生まれましたが、生まれた後水分が抜けて体重が減って出生体重に戻っていなかったことを知った母がすぐにミルクを作り与え始めたのです。
母乳の場合は体重増加はゆっくりでも大丈夫だと産婦人科の先生が言っていたのに。
それに赤ちゃんが泣くのは母乳が足りないからだと言い出し、私の母乳にケチをつけ始めました。
私は本当に母乳が足りないのか不安になり、ネットで母乳量を増やす方法を探しているときにみつけたのがタンポポ茶です。
半信半疑でしたが母乳量が増える可能性があるならと早速ネット注文し、とりあえず1ヶ月試してみることにしました。
すぐには効果は実感できなかったけど、2か月すぎたあたりから、母乳が増えてきて、母乳だけでも大丈夫になりました。
赤ちゃんも平均以上に大きく元気に育ってくれました。
これはタンポポ茶の効果だと思っています。
もし2人目が生まれたらまたタンポポ茶を飲んで、母乳育児にチャレンジしたいと思います。

(岩手県 RNRNさん)

>>たんぽぽ茶のおすすめ購入先はこちら




母乳を増やすには冷え体策がいちばん!

妊娠しているときから母乳育児をしようと思っていたので、いろいろと母乳対策はやってました。

結果、私の場合は母乳の出に困ったことはありません。

とにかく、いちばんオススメなのは、体を冷やさないこと!

妊娠中からずっとです。産んだあとも、冷え体策は大事ですよ^^

食べ物、飲み物などは冷たいものは口にしないようにしていました。

飲み物は、ノンカフェインのもの。

私の場合は、たんぽぽ茶を飲んでいました。

ルイボスティー

たんぽぽ茶

他にも、母乳が出やすいハーブティーがあって試しましたが、この二つが飲みやすくて続けて飲んでいました。

食べ物は、なるべく、和食系で。バターがたっぷりのものなどは母乳がつまってしまうこともあると聞いて、和食のさっぱり系をいつも食べていました。

冷え体策としては、冷え取りは毎日してました。

毎日冷え取り靴下とレッグウォーマーをはき、腹巻はかかさずしてました。

もちろん夏場もですよ^^

この冷え取り靴下や腹巻は、続けてやっていると本当に良さが実感できます。

母乳の出にいいのはもちろんですが、冷えからくる体調不良も良くなるのでオススメです。

母乳の出がよくなるためにすることは、結果、自分の体調を良くすることだと思いますよ^^

たくさんの美味しい母乳を赤ちゃんに飲んでもらって赤ちゃんも元気、お母さんも元気になって、毎日笑顔でなるべくノンストレスで楽しく育児するのもまた、母乳の量を増やす方法のひとつかな、って思います。

(埼玉県 ハルさん)

>>ルイボスティーの購入はこちら

>>たんぽぽ茶の購入はこちら




私の母乳の増やし方ランキング

現在9ヶ月の娘がおります。
出産直後はなかなか母乳が多くならずとても困っていたのですが、恐らく今は人並み位には出るようになった様です。

いくつかやってみて効果があった事/実感した事を羅列してみようと思うので、もし宜しければ参考になさってみて下さいね。

1,具沢山のお味噌汁を毎日飲む
→一般的にもよく聞かれる方法ですよね!藁にもすがる思いで色々試しましたが、食べ物系で実践した事の中では一番効果がありました。大豆パワー恐るべし…です。

2,お餅を食べる
→お味噌汁に次いで効果がありました。
ただ元々母乳の出が良い人だとかえって乳腺が詰まる事もあるそうなので、ほどほどに加減して下さいね。

3.乳腺マッサージ
病院から教えて頂いた事をやり続けているだけですが…^^;
あまり「揉み込む」というよりはやさしく撫でるくらいの感じです。
インターネットにも育児書にも方法が出ているので参考にしてみてはいかがでしょうか?
ちなみに妊娠期からマッサージはした方が良いみたいですね。あまり刺激すると今度は子宮が収縮してしまうので、これもまた注意しないといけないのですが^^;

4,とにかく子供に吸わせる
→結局これに尽きると思いました。
子供は何故か右側を吸いたがらないのですが、そのせいで右側は母乳の出がずっと増えないままです。
逆に左側ばかり好んで吸うので、左ばかりサイズも大きくなって母乳もだいぶ増えました。

5,体力を付ける/睡眠を取る
→睡眠不足の時ほど母乳って出ないですよね^^; たっぷり睡眠を取る事が難しい時期ですが、休みの前日位はご主人に夜泣き当番を代わって貰って休息を取る事も大切です(^-^)

私もまだまだ授乳期間中です。お互いがんばりましょう!”

(神奈川県 みやたんさん)




私の母乳の増やし方はたくさん食べる

昨年初めて出産しましたが、それまで母乳って勝手に出てくるものだとばかり思っていました。
けれど結構苦労しないと母乳って量が出ないのですね。

私の場合、完全母乳でしたので、飲む量もかなり多くて、いかに母乳がたくさん出るか、3カ月ころまではとっても悩みました。

もうでてないだろうおっぱいを吸ってるのを見ているのも辛くて、一層のこと、ミルクにしちゃおうかな・・とか思いましたが、それくらい3カ月ころまでは母乳の量も安定していなくて、しかも体力がなくて、母乳でフラフラになってしまい困りました。

私の母乳を増やす方法はずばり、たくさん食べるです。

もうこれしかありません。

ご飯にすると、1食1合は食べていました。

1日3合ほ食べ、それプラス、お芋や果物など、かなりの量の間食もしました。

よく母乳のことについて書かれているページを見ると、お肉とか油ものはダメとか甘いものはダメとか書かれていましたが、私の場合、そんなことをいっていると、食べる量が少なくなってしまうので、高カロリーのものからどんどん食べちゃいました。

おかげで今では母乳の量に困ることはあまりなくなりました。

食費は今までよりもかなり上がりましたが、なんとか完全母乳でいけているので、よしとしています。

(兵庫県 りんさん)




タンポポ茶で完全母乳を目指して

私には三人の子供がいるのですが、二人目までは問題のなかった母乳が三人目ではなかなか出なくて困りました。
ミルクとの混合で授乳していましたが、夜中にミルクを作るのは大変だしお金もかかるので完全母乳にしたいと思い、インターネットで母乳を増やす方法を仕入れたところタンポポ茶が母乳に良いと知り旦那と相談して購入を決めました。

タンポポ茶とはどんなものかと不安に思いながら飲んでみましたが、案外普通のお茶でした。
私的には好きな味でしたので、毎日毎日飲み続けているうちにいつのまにかミルクを足さなくてもOKな母乳の量になっていました。
3ヶ月検診でも母乳のみで大丈夫だと太鼓判を押され、タンポポ茶を購入して良かったと思いました。
普通のお茶よりは値段ははりますが、それでも購入する価値のある商品です。
自分に余裕がうまれます。
私は母乳が出ないで悩んでいる人がいたら、必ずタンポポ茶を飲むことをオススメします。
出産祝いのプレゼントなんかでも喜ばれると思います。

>>タンポポ茶の購入はこちら




たんぽぽ茶の効果・効能

たんぽぽ茶は、葉を使ってつくったほうじ茶のような味のお茶と、根を焙煎してつくられたコーヒーと同じように飲むタイプの2種類があります。
妊娠中カフェインのあるコーヒーがあまり飲めなくなるので、このノンカフェインのたんぽぽ茶のコーヒーフレーバーに切り替える方が多いそうです。

私は産後に、母乳の出がよくなるからの先輩ママさんにたんぽぽ茶コーヒーフレーバーをいただき、飲むようになりました。味は本物のコーヒーとは違って、ごぼうのような根っこの味がしますが、慣れるとくせになる味です。
はちみつや牛乳を入れるとさらにおいしくなるので、おすすめです。
食後のコーヒーが味わいたいときは、このたんぽぽ茶とカフェインレスのコーヒーとブレンドして飲んでいました。

おかげさまで、おっぱいマッサージもしていないのに、1年半後の卒乳まで、完母で育てることができました。
私はたんぽぽ茶の存在を妊娠してから知りましたが、実は妊娠効果も高いらしいのです。
これを飲むことで妊娠するための卵胞刺激ホルモンの分泌が高まり、妊娠しやすいからだになるそうです。

たんぽぽ茶の効果は他にも、冷え性の改善や便秘解消、美肌効果など、女性にとっては嬉しいことばかりです。
新陳代謝が上がるので、ダイエット効果も期待できるらしいですよ。

>>たんぽぽ茶の購入はこちら




女性の強い味方は不妊にも効くルイボスティー

昨今女性も社会に出て働く様になったからか、不妊に悩んでいる方も多いですよね。
そんな中、女性に嬉しい効果のあるお茶を紹介しちゃいます。
最近はテレビなんかでも紹介していたり、薬局なんかにも並べてあったりするので
割とメジャーになってきているので知ってる方もいるかもしれませんがその名もズバリルイボスティーです。
聞いたことないよって方は是非試してみてください。

このお茶効果が嬉しい事ばかりなんです。
まず、不妊効くというと何故効くかとか、
それぞれ原因があるかと思いますがこちらは活性酸素や体の老化をすすめたり、
生活習慣で貯め込んだ体に悪い物質を体内から出してくれる作用があるのです。
ではそれの何がいいかというと体の老化をすすめる活性酸素を体内から出してくれる事によって
体の組織の若返りや、老化を食い止める作用があるのです。
要はそれは子宮にも影響があるので卵子にも効くため、
このお茶を飲んでいると卵子の老化予防や食い止めが出来てその結果妊娠しやすくなるのではということです。

味も美味しいですし、悪いものを出してくれるのでお肌もスベスベになり、
しかも腸の悪玉なんかにも働きかけて緩やかな便通を促してくれるので女性に嬉しい効果ばかりなんです。

もしまだ飲んだことのない方はカフェインも入ってないし、是非お試しください。
中々、卵子の老化に効く物って聴いたことなかったので最初この効果を知った時はびっくりしました。
お茶なので日頃普通に接種出来るし、いいですよ。

いまなら、TeaLifeという会社で100パック1000円の送料無料で販売しています。
ほんとにお得な値段なので、興味のある方にはぜひおすすめです。

>>ルイボスティーのおすすめ購入先はこちら




おすすめたんぽぽ茶(タンポポ茶)の口コミ



たんぽぽ茶の口コミをティーライフ社のサイトから抜き出してみました。
本当に評判がいいみたいです。

タンポポ茶はノンカフェインで、鉄分などのミネラルが豊富

母乳の出が良くないときはたんぽぽ茶、一週間程度で母乳が出てきた

たんぽぽ茶が母乳にいいと聞いて、ネットで注文、続けるうちに少しづつ母乳がでるようになってきた。

一週間続けて母乳がはるようになってきた

タンポポ茶で浮腫みが良くなった

たんぽぽ茶は癖がないけど味もない

かおりも味も抵抗がない

たんぽぽ茶を飲んで風邪もひかずに元気

ノンカフェインのたんぽぽ茶ブレンドは飲みやすくてくせがない。

半信半疑でたんぽぽ茶を購入、ゴクゴクのめるし、癖がない。

たんぽぽ茶は
母乳が出にくい方や、母乳で育てたい方におすすめです。


>>おすすめのたんぽぽ茶の購入サイトはこちら




幼稚園を申し込み季節になってきました。

ウィメンズパーク-ベネッセ-

そろそろ幼稚園を選ぶ季節になってきました。

これが頭が痛いことです。

一番いいのが、近所の知り合いの方に紹介してもらうのですが、

その人が『いい』と言った、幼稚園がいい幼稚園ではないこともあります。

そうなると、3年間大変です。

また、教えてもらって、『いい』と言ったところにいかないのも、

きまずい感じがします。

うちは上のむすめと下のむすめがいますが、

上のむすめの幼稚園選びは失敗でした。

・幼稚園の雰囲気が堅苦しい。

・幼稚園が狭い

・保護者の付き合いが大変

それに比べて下のむすめの幼稚園は

・幼稚園がオープンなかんじがする

・先生が園児の名前を覚えてくれて、
 どの先生も声をかけてくれる。

・幼稚園が広い。

・体操、水泳に力を入れている。

・保護者の付き合いが楽

・あずかり保育が充実している

ということで、幼稚園の選ぶ時は気をつけて、慎重に選んでください。

ベネッセの口コミサイトがあり、
地域の幼稚園の口コミもありますので、
登録は無料なので、登録して、近所の幼稚園の評判を見てみるのもいいかと思います。

>>ベネッセの幼稚園の口コミサイトの無料登録はこちら

ウィメンズパーク-ベネッセ-