アトピーの薬プレドニン錠を通販で購入した

昔からひどいアトピーで肌が荒れ放題で、みんなとは違う汚い肌に悩んで生きてきました。
本当にひどい荒れようで、いつもかゆく、かいてしまえば肌がただれ、かゆみを抑える薬が無ければかかずにはいられない状態でした。

病院に行ってたくさん薬をもらっていましたが、長年続けた効果が出たのでまだ普通の人と同じようにはいかないけれど前よりも肌荒れが目立たなくなってきました。
でも社会人になり、働き始めてストレスからかまただんだんとアトピーが再発し始め、前貰っていたかゆみを抑える薬も使いきってしまいました。
でも仕事も休めない状態で、病院に行く事が出来なかったのですが、ある日母から前に処方されていたプレドニン錠を貰いました。

母は病院に行けない忙しい私のために空詩堂と言うサイトで購入したそうです。
病院に行かなくては変えないと思っていたので、とても驚きましたし、母の優しさがとてもうれしかったです。
母のおかげで、またアトピーに効く薬を飲む事が出来て、アトピーが治まってきたように感じます。
これで夏が来ても肌を出すことが出来ます。




サラヴィオ美容液がアトピーに効果あり

サラヴィオ美容液は、皮膚代謝を促すものとして、皮膚科医が奨めている美容液です。
脱ステロイドをするアトピー患者に、自然治療法の一環として使われているそうです。
サラヴィオ美容液は天然のデトックスを促進する効果があり、皮膚代謝(ターンオーバー)を助長してくれるのです。

サラビオ美容液

私は小さい頃アトピーがあり、両親が毎週末車で何時間もかけて、皮膚疾患に効く温泉につれていってくれ、ほぼ完治したそうです。

しかし、治った今も、乾燥が進むと首元などにアトピーが現れたり、顔が赤くなったりします。

そういうときは、皮膚科のステロイドの塗り薬を使っていたのですが、

最近サラヴィオ美容液というのをネットで知り、試してみたところ、

肌への浸透がとても良く、

赤みが治り肌荒れもしなくなりました。

おかげで今ではステロイドを使うこともなくなりました。

それから思わぬ嬉しい効果だったのが、ニキビ跡が消えたことです。

色素沈着をしてしまった昔のニキビ跡が日に日に薄くなり、消えてしまったのです。

きっと肌がターンオーバーをして、新しい皮膚に生まれ変わったのだと思います。

これに驚いた私はネットで検索してみると、確かにニキビに効果があるようで、たくさんの記事がありました。

アトピーの人にも使えるくらいですから、無添加で肌にやさしいので、万人に使える素晴らしい美容液だと思います。

人によって効果にバラツキがあるので、お試しが1000円、送料無料で販売されているので、まずはそれをつかってみるといいと思います。

>>サラヴィオ美容液のお試しの購入先はこちら




アトピーの薬(ステロイド入りの薬)の使い方

アトピー性皮膚炎の場合は薬はステロイドの薬を使用することが殆どです。

ステロイドの薬は怖いなどのイメージがありますが、
症状が悪いときには、ステロイドの薬をうまく使用することが
アトピー性皮膚炎の治療の付き合いかたです。

皮膚が非常に弱いので、
バリアする力が普通の人よりも下がっているのですぐ、
かさぶたになったりしてしまいます。

薬のステロイドは強さが数段階ありますので、
自分の症状にあった強さのステロイドを使うことが大事です。

顔などの部分はステロイドが嫌というかたは、
プロトピック軟膏を使用すると良いです。

プロトピック軟膏の小児用を最初使い出すといい場合があります。

この薬は塗ったあとに熱くかんじたりすることがあるので、
小児用で慣れていくことが重要です。

ステロイドを使用していない薬なので安心して顔などに使うことができます。

体の部分で症状が良い場合はヒルロイドソフト軟膏という保湿クリームで肌を常に保湿していくことが治す近道です。

悪い部分はしっかりステロイドを使い治し、
そのあと保湿クリームで状態を良くしていくことでステロイドの依存もなくなります。

うまく薬を使い分けることで、ステロイドもしっかり使い治していくことが大事です。

肌を綺麗にしてシャワーなどしっかり入ってそのあと保湿クリームを塗ると肌の状態も良くなっていきます。

ステロイドの強さも診察してもらい薬を処方してもらう時にどの強さのステロイドなのか把握しておくことが大事です。

960円モニター募集中




アトピーによく効く飲み薬

アトピーの飲み薬はたくさんあります。
かゆみを止めるものや、炎症を抑えるもの、
ステロイド剤などです。
今回はかゆみ止め、
いわゆる抗アレルギー剤についてご紹介いたします。

効果が高く、
非常におすすめなのはノバルティス社の「ネオーラル」です。
ちょっと粒が大きくて飲みにくいですが、
かなり効きます。

この薬は抗アレルギー薬ではなく、
免疫抑制剤と呼ばれるものです。

飲んでみて、
最初はあまり実感がありませんが、
1日後には効き始め
寝て起きてもかき傷がなく、
とても感動しました。

とてもすばらしいこの薬ですが、
一つだけ難点があります。

薬価がとても高いことです。
保険が効いていても、
薬局で領収書を二度見するほど高いです。

そこでこの薬はどうしても
「来週受験なのにかゆくて、
勉強に集中できないとか」
「来週成人式できれいな顔で出席したい」
といった短期間の使用が望ましいと思います。

またステロイドから脱却し、
免疫抑制剤の切り替えのため、
一度体の傷をな草無ければならない時
などにも使えます。

一度お医者様に相談してください。

また私が常用している、とても効果が高く、
安い薬としては「セチリジン(日医工)」があります。
これは「ジルテック錠(第一三共)」のジェネリックです。

効果としては、とても効く薬で、眠気も低いです。
最初は薬価で選びましたが、効能も満足しています。

ジェネリックの薬は少ないですが、
一度お医者様に相談してみると
ジェネリックのある薬に切り替えてもらえます。

お医者様に何でもお話しすることをおすすめします。
薬は自分で選ぶと、もっと財政的にも症状も楽になりますよ。

960円モニター募集中






抗アレルギー剤(アレグラ、アレロック)について

皮膚の炎症を止めるためには、ステロイドや、保湿剤で良いでしょう。

これらの塗り薬を使っていけば良くなっていきます。

しかし、かゆみに対しては、
塗り薬でもうまくコントロール出来ないことが多いです。

仕事をしていても、寝ていても、このかゆみと戦わなくてはなりません。

かゆみは我慢することによって、
対処するという方もいますし、また叩いて和らげるという方もいますが
効果はどうでしょうか…。

かゆみを止めるためには
抗アレルギー剤を使うことをおすすめします。

私はいろいろな薬を使ってきましたので、
ちょっとご紹介いたします。

まず副作用について考えてみましょう。

抗アレルギー剤の大きな副作用としてあげられるものは「眠気」です。

私はパソコン関係の仕事をしていますが、
デスクワーク中にこの眠気は死活問題です。

この眠気を押さえたいと思い、
いろいろ薬を探しました。

でもこの眠気について、
実際に薬を使ってみてから判断してほしいです。

なぜなら合う薬合わない薬があるからです。

それを踏まえて、検討してみます。

まずアレグラです。
この薬は副作用としての眠気が少ない薬です。
アレグラFX 28錠
アレグラFX 28錠
その他鼻水の薬 錠剤はこちら

そしてかゆみを止める働きも高いです。

しかし、私にとっては眠気よりもかゆみをもっと止めたいために、
違う薬を使っています。

それはアレロックです。
アレロックを実際使ってみて、
そんなに眠気は感じられませんでした。

また効果も非常に高く、
おすすめの薬です。

これらの薬は高いです。

アレルギー関連の薬は総じて高いです。
私は、学生の頃、この薬価の高さに非常に困った経験があります。

お医者さんと薬剤師さんに相談すると、
薬価が安い薬を紹介していただけることもあるので
自分の症状と、お財布と副作用で検討していただけると、
もっと楽にこの病気とつきあえると思います。

>>アレロックの購入はこちら





おすすめのアトピーの薬はクラシエの紫雲膏

私は小さい頃にアトピーと判断されました。

少しの刺激でも気になり、髪の毛が頬や首筋に触れるだけで
すごい気になり痒くなって、かいてしまうこともあります。

化粧品が合わずに荒れてしまって、
それが悪化しアトピー症状がでてしまうこともあり
化粧品選びにも気をつけています。

そんな私がアトピーに使用している商品はいくつかあります。
症状や部分によって使い分けています。

その中でも一番のおすすめはカンポウ専科から出ているクラシエ 紫雲膏です
クラシエ 紫雲膏 14g
クラシエ 紫雲膏 14g
その他軟膏はこちら

この紫雲膏はどこの薬局でも取り扱っているので
入手しやすいです。
値段も800円ぐらい、
ネットでは500円ぐらいで手に入るし安いので
紫雲膏は常備しています。

これを塗ると軽いアトピー症状なら、治ってしまいます。

紫雲膏の成分はシコン、トウキ、ごま油、蜜蝋、トン脂とシンプル。
効果にはやけど、外傷、ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、
あせも、ただれ、痔核による疼痛、肛門裂傷です。

アトピー以外にも効果が沢山あるので1本家にあると便利です。

私のアトピー以外におすすめの使用方法がやけどです。
手にやけどをしたときに紫雲膏を使用したら、
跡もなく綺麗に治りました。

色いろと使える紫雲膏ですが、
色が赤紫で、皮膚に塗ると赤くなります。

服に付くと赤くなってなかなか取れません。

匂いも漢方の匂いなのか、
豚の油の匂いなのか独特のニオイがします。

このニオイも最初はなれずに苦労しましたが、
最近は慣れてきたのか気にならなくなりました。

このニオイと色の点だけクリアーできればすごい良い商品だと思います。

960円モニター募集中




ヒルドイドとアンテベートを混ぜた薬でアトピーとうまく付き合う

生まれつき気管支喘息で悩まされていて、
中学校に進学する頃アトピー性皮膚炎へと体質転換が起きました。

初めはひじやひざの内側がカサカサになり、
掻き毟って血だらけになり、
かさぶたになってもその痒さに耐えきれずまた掻き毟るという毎日でした。

家族の誰もが「掻いてはいけない、我慢しなさい」ときつく言うけれど、
耐えれる痒さではなく、
しまいには髪の毛のくしやはさみを使って描くようになりました。

皮膚科に行くと毎回ステロイドの軟膏をもらいました。

ただ、これを塗るとアトピーの場所が真っ赤になり熱を帯び、
さらに痒みを増すのです。ひどい時は全身にアトピーが広がり、
お尻や太ももの裏側、背中や肩、とにかく体中にかさぶたができました。

もちろん血だらけです。

病院によってはチューブの薬1本しかもらえず、
「1日でなくなる」と訴えても増やしてもらえませんでした。

ここ数年、アトピーには波があることが分かりました。

たまたまいい先生に出会えたのか、
今はアトピーの症状がひどい時にだけ集中して軟膏を塗るようにしています。

その薬は、『ヒルドイド』と『アンテベート』を混ぜ合わせたものです。

これを塗ってからは、
昔ほどひどい状態にはなっていません。「ひどくなる前に塗る」、
ただこれだけでうまくアトピーと付き合えています。

完全に治そうと思うとつらくなるだけです。
もし同じように悩んでいる人がいれば、気持ちを少しでも軽く、
「アトピーとうまく付き合うには?」と考えてみるとよいかもしれません。

>>ヒルドイドローションの購入はこちら

960円モニター募集中




アトピーに日常に使いたい薬アトピコクリーム

アトピーの症状が強い弟は、よく皮膚を掻き毟っていました。

障害をもってしまったので、自分の制御ができない状態です。

お医者さまには、ステロイドの入った塗り薬、リンデロンをもらっていました。

けれども、長く使っていたので、皮膚には色素沈着があり、黒ずんでいたのです。

確かに、ステロイド剤の入った塗り薬は、即効的な効果はありますが、
季節の変わり目になると、乾燥して皮膚ががさがさになってしまい、
さらに乾燥が続くと、掻き毟るようになってしまうのです。

その度に、リンデロンを塗るわけもいかないので
皮膚の乾燥を防ぐために、
大島椿株式会社のアトピコスキンケアクリームを使うようにしています。

アトピコには、スキンケアのシリーズが色々ありますが
この、クリームが一番痒みを訴えないみたいなのです。

障害のために、なかなか本人の気持ちが伝わりにくいので、
掻く状態を観察しながら、薬を決めないといけないのです。

アトピコスキンクリームは割と割と長く使っていますが、
不調を訴えるような事はなさそうなのです。

皮膚を柔らかくするために、興和株式会社のケラチナミンコーワWクリームも
使いますが、アトピコスキンケアクリームの方が、
掻き毟る動作をすることが少ないのです。

それ以外には、シャンプーやボディシャンプーも体に刺激の少ない、
第一三共ヘルスケアのミノン全身シャンプーとミノンヘアシャンプーを使うようにしています。

どちらも、肌や頭皮にやさしいようですし、
なにより薬用なので、アトピーの症状に心配しないで、使うことができています。

それでも、年々体質が変化するみたいで、
これが一番というのは言えなくなってきています。
季節と体調によって変化するので、いつも気にしています。

960円モニター募集中




漢方薬によるアトピーへの対処

アトピーに対処する漢方薬としてお勧めできるのが、
漢方薬を組み合わせた対処法で、
瀉火利湿顆粒(いすくらしゃかりしつかりゅう) 、
五行草(ごぎょうそう)、
涼血清営顆粒(りょうけつせいえいかりゅう)、
を用いた方法です。

瀉火利湿顆粒は、
アトピーにより肌が赤くジュクジュクの状態になってしまうときに用いるといいでしょう。
アトピーの症状が複雑に絡み合った状態でも、
この瀉火利湿顆粒は、水疱、発熱、浮腫などさまざまな
症状に対処する効果を持っているために病状を抑えてくれる効果があります。

瀉火利湿顆粒を服用することによって、
2週間ほどで眠れなかったかゆみが消え、
さらに3週間後には顔の赤みが消え去った例があります。

五行草は「治療菜」とも呼ばれており、
中国では治療薬および健康食品として用いられる
ポピュラーな薬草です。

アトピーの治療のためには、エキスを内服するほか、
エキスを水に溶かして3%ほどの濃度にして
湿布することによって効果を発揮します。
ステロイド剤でも感知しなかった炎症が
2週間程度で劇的に変化したという事例がありますので、
お勧めできます。子宮を収縮される副作用があるために妊娠中の女性が用いることはできませんが、
それ以外であれば試してみてほしい治療法です。

涼血清営顆粒は、小地黄、牡丹皮、赤芍薬、小大黄などの生薬を組み合わせた漢方薬であり、
構成される6つの生薬すべてに強力な抗炎症、抗アレルギー効果が含まれているため、
アレルギーによる発熱や皮膚の炎症などをやわらげてくれるという効果をもちます。

これらを組み合わせることで、
アトピーには大きな治療効果が見られるでしょう。

960円モニター募集中





アメリカで見つけたアトピーの塗り薬(Contizone10)

私が今愛用しているアトピーの薬はアメリカで購入した、
「Chattemという会社のContizone10」という塗り薬です。

私は今、30前半の女性です。

アトピーは家族が持っていますが、
私は30歳になるまで症状があまり出ませんでした。

しかし、30歳を境にどんどん肌荒れがひどくなり、
徐々に全身にアトピーの症状が出るようになりました。

お医者さんに通っていますが、
劇的に症状が良くなるということはなく、
だらだらと通っている状況でした。

そんな中、アメリカの友人宅にホームステイすることになり。

2ヶ月間滞在しました。

その際、もちろんお医者さんから処方された薬を持っていきましたが、
かゆみは収まりませんでした。

ある日友達とTVを見ていて、
Contizone10のCMが流れ、友人が「これ買ってみたら?」と勧めてくれました。

早速その日に買いにいき、使ってみたところ、
なじみがよくべたつきもあまり無い感じでした。

次の日、とても暑い中外に出かけたのですが、
汗ばむこともあるくらいの気温の中この薬を塗ったところ、
いままでのような劇的なかゆみは無く、
帰宅してから友人に「今日そういえば掻いてるところ見なかったよ」といわれ、
自分でも普通に過ごしていることに気づかないくらいに自然に薬が効いていました。

それからアメリカでこの薬を買って、
今も使用しています。

私はボディクリームタイプも買ったのですが、
こちらはかゆみが何となく出そうという時の
予防を兼ねて使用することが多いです。
今まですごく悩みだったアトピーのかゆみが本当に楽になり、
毎日生活しやすいです。