ルイボスティーで生理周期が安定し、妊娠しました。

ルイボスティーを飲み始めた理由はコーヒー中毒と呼ばれるほどコーヒーが大好きで、特に仕事中は毎日3杯はブラックコーヒーを飲んでいました。

ただ、結婚を機に妊活を始めたのですが、なかなか妊娠することができませんでした。

日常生活で改善できることは改善していこうといろいろと情報を調べました。

カフェインを摂取しすぎると冷え性になったり、妊娠しにくいということが分かりました。

そして、妊活ブログなどでルイボスティーが女性に良い!とうことで早速試してみることにしました。

最初飲んだ印象は、日本のほうじ茶や麦茶とはまた違ったクセがあるなという印象でした。

ただ、いやなクセではなく、香ばしい味わいでこれは飲んでいるうちに全く気にならなくなりました。

飲んでしばらくして気づいたことは、それまで仕事中コーヒーを飲み続けていると胃が痛くなることがあったのですが、ルイボスティーはミネラルウォーターのようなやさしさで、コーヒーや紅茶にあるようなえぐみや渋みがなく、仕事中にガブガブ飲んでも胃に全く負担がかかりませんでした。

それまで、カフェインを飲まないと仕事なんてしていられない!と思っていましたが、温かいルイボスティーを気分転換に飲むことでほっと心がほどけるような気持ちになり気分転換になりました。

また、コーヒーを飲んだ後しばらくすると手足が冷たくなるような気がしていたのですが、ルイボスティーは飲むと身体がぽかぽかして、特に寒い冬場はルイボスティーの中にショウガパウダーを混ぜ入れることで、手足に汗をかくほど体質が変わり冷え性が改善されました。

そして、一番驚いたことが、それまで生理周期が40日~50日と長く期間もまばらで生理不順だったことが悩みだったのですが、ルイボスティーを飲み始めると不思議なことに周期が整い生理が来るようになりました。

また、当時クリニックにも通っており排卵日を診てもらっていたのですが、ルイボスティーを始めてから卵子の育ちが良くお医者さんからも最近調子いいねと褒められたりしました。

そしてしばらくして、めでたく妊娠がわかり、現在妊娠中ですがルイボスティーはミネラル豊富で貧血やビタミン不足になりがちな妊婦さんにも良いと聞き、すっかり定番化して飲むようになりました。

冷え性の改善や妊娠を希望されている女性にはぜひ試してもらいたいミラクルなお茶だと思います。

>>ルイボスティーの体験談をもっと読む。




卵子の質を向上させるには何よりも体温が重要

卵子の質を高め、スムーズな排卵を促すためにはどのような方法を取ることが必要となるのでしょうか。

健康的な卵子のためには、一定以上の体温を保つことが重要だと言われています。

人間の生命現象において最も大切なものは体温ですから、適切な体温でないとスムーズな排卵も難しく、質の高い卵子を育てることはできません。

つまり逆に言えば、身体を温め普段から体温に気をつけることは、質の高い卵子を育て卵子の老化を遅らせることに繋がるのです。

卵子はその内部にミトコンドリアを多く含んでいます。ミトコンドリアは細胞の活性化を促しますが、温めることでより活発に運動し、卵子の質を高めることになるのです。

では、具体的にどのようにして身体を温めればよいのでしょう。

しっかりと入浴をして身体をあたため、湯たんぽなどで睡眠中の冷えを防ぐことはもちろん、大切なことは内部からの冷えをなるべく防ぐことなのです。

人間は食べたものをエネルギーとして自ら熱を生み出します。これが代謝と呼ばれる機能ですが、筋肉量が少なく脂肪の多い身体ではこの代謝機能が低下しているのです。

女性は男性よりも冷え性だと言われる点はここにあるのです。

なので、代謝を高め冷えのない身体にするためには脂肪を減らし、筋肉量を増やすことが大切となってくるのです。

筋肉量が増えれば代謝が高まり、全身により血液が循環するようになります。卵巣に常に温かく新しい血液を送ることも、質のよい卵子を育てることに繋がります。

しかし、いくら身体を温めることが大切だからと言っても、極端なことはいけません。例えば、湯船での長湯は妊婦には危険であり、温泉などでは妊婦への影響を鑑みて入浴を断っているケースも見られます。

運動も、適度なものは筋肉量を維持することに必要ですが、過度なものは卵子だけでなく自分への負担も大きくなります。健康のために健康を害しては意味がありませんよね。

質の高い卵子を育てるためには、体温を保ち冷えを克服することと述べました。そしてそのためには、何よりも健康的な生活が必要なのです。

健康的な生活とは、すなわちしっかりと睡眠を取り、偏りのない栄養のある食事を心がけ、散歩などの負担にならない程度の運動をすることです。

特に食事の管理は、冷えの克服には欠かすことができません。夏でもなるべく冷えた飲み物はさけ、常温のものを身体に取り入れるようにしましょう。

どのような食品が身体を冷やし、身体を温めるかをしっかりと理解しておくことも重要なことです。

排卵をスムーズにし、元気で質の高い卵子を育てることは、不妊解消に必要不可欠なことです。

そのためには身体の代謝を高め冷えを克服すること、そしてなによりも日々の健康的な生活が欠かせないことを決して忘れてはいけません。

(京都府 秋みのりさん)